人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


ひ、引いてるぅうううううう~

e0248833_10555758.jpg

何がって、潮。

わたしは赴任先の敷地内にある職員寮に住んでいるのですが、その裏がすぐ外海。
その海をふと見たらいつも以上に潮が引いていたのです。波が、はるかかなたに見えます。結構大荒れです。
e0248833_10564717.jpg

それでも潮が引いてるこちらは静かな世界。
これはなんだろう?
e0248833_10572220.jpg

e0248833_10583018.jpg

いつもは海の下のところから宿舎を見てみる。
e0248833_10591374.jpg

潮だまりがあって、そこでは近所のローカルが海水浴。透き通ったきれいな海だなあ。
e0248833_111018.jpg

気分は温泉。

なぜかこのカップルは温泉につかりながら虱をとっていた(笑)
e0248833_110890.jpg

ちょっといつもとは違う景色を楽しんでみました。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-31 11:00 | マーシャル徒然

彼らの口癖

生徒に日本語を教えてきてほぼ2年。彼らの口癖が耳につくようになってきてしまった。

I have a bad memory.

「記憶力、悪いんです!」

I forgot!
「忘れちゃったんです!(だからしょうがないでしょ!!)」

わかりますよ、ええ。確かに日本語は文字も3種類覚えなきゃいけないし、英語とは全く違う言語体系だし、覚えなきゃいけないことがたくさんあるから負担が重い。大変だってわかってますよ。うん。

でもね、毎日の復習もしないで、冒頭の言葉を逆切れして言われた日には…私だって困っちゃうんですよ・・・とほほ

常套句のようなこの言葉。時には生徒たちも半分冗談で勉強しない言い訳に使ってくるので、そんな時には私も
「でもあなた、自分の名前と誕生日は覚えられるんでしょう?」と言ってやります。
「先生!それは自分のことです!」
「じゃあ、わがことのように一生懸命復習して覚える努力をすればいいじゃないか」
と笑いながら応戦します。

やれやれ、これだから生意気盛りの口ばかりが達者なティーンエイジャー相手は大変なのである。

でもかわいいところもあるので、そんな彼らを教えられるのもあと2か月となるとちょっと寂しい気もする。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-31 10:53 | 日本語教育@マーシャル

Jelukun bwebwe!

先週金曜日。成績表が配られる三者面談最終日。これさえ終われば春休み~てなわけで、みんな若干テンション上がり気味。

そんな中、Office managerのR氏が誕生日を迎えました。アメリカ人の彼は去年の8月に家族とともにアラスカから移住してきたのです。奥さんは中学校の先生。R氏とは顔を合わせたらちょっとしたおしゃべりをする仲。なぜか彼はアベノミクスだとか本音と建て前だとかを知っているという微妙な日本通。

正直でフレンドリーな人柄なのでマーシャル人にも大人気。特にTAの女性陣からは常にいじられています。

そんな女心をくすぐる(笑)R氏の誕生日。どこからともなくマーシャル特有の地声のハーモニーが聞こえてくるではありませんか。
e0248833_9113621.jpg

「誕生日おめでとう!Jeraman!」

最後はなぜか誰かが持っていたスピーカーでダンスパーティー。

R氏も「踊る阿保に見る阿保、同じ阿保なら踊らにゃ、損、損!」とばかりに、アメリカで鍛えた?グルーブでダンスに参列。
e0248833_9121152.jpg

TA、血迷ったのかゴミ箱を持ち上げて太鼓代わりに叩き出しました。
(もちろん中身が入っていました)

Jelukun bwebwe!!!(私たちって、おばかさ~ん♪)

とばかりにみんなで爆笑しながら踊り狂ったのでした。
e0248833_9124398.jpg

画像左下に小さい女の子の姿が見えますが、これはR氏の次女。Crazyなマダム達にすっかりおびえてしまった様子。「いつものパパじゃない…(泣)」

え?私はどうしたかって?
それは内緒。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-31 09:12 | 出会い@マーシャル

JOCV特別コラボ授業【糖尿病対策編】

ついに、すべてのコラボ授業が終了。昨年の夏休みに計画して、各隊員仲間と話し合いを重ね進めてきたプロジェクトですが、始まってしまうと本当にあっという間で、こうして無事に3つの特別授業が3月をもって終了しました。
甚大なご協力をいただいた隊員の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。各授業のプレゼンやワークショップの準備、そしてわがCOOPJapanese4クラスへの出張授業。皆様それぞれの活動がある中、こなしてくださったのですから頭が上がりません。

そして最後の特別授業というのが、マーシャルの社会問題でもある糖尿病。
なんと今回は病院勤務の3名の隊員に協力してもらうことがかなったのです。
e0248833_12525142.jpg

1&2回目は看護師隊員による糖尿病の基本情報と対策について。ワークショップでは慎重と体重を量り、BMI値を出すという…

3回目は理学療法士隊員による足の切断に関するレクチャー。日本ではあまり見られませんが、糖尿病患者が多いマーシャルはその気候的な特徴から傷などが悪化しやすく、かつほとんどがサンダル生活なので足の衛生状況もよろしくないため、足の切断を余儀なくされる患者さんが多いのだとか。実際に生徒の近親者の中にも足を切断された方もいるそうです。

そして4&5回目は栄養士隊員による健康的な日本料理と味覚に関する授業。ここで手に入る食材で、ということで決まったメニューが豆腐と玉ねぎ、わかめのお味噌汁と和風パパイヤサラダ、卵焼き。うまく役割分担をしてお料理スタート!
e0248833_1255953.jpg

e0248833_12555268.jpg

e0248833_12564462.jpg

「いっただっきま~す!」

最後に日本のみりん、ごま油、高野豆腐、ひじきなどを味見する体験を通して、あまい、しょっぱい、からい、すっぱい、にがい、などの味覚を経験してもらいました。また、日本人なら過去に体験したこともある、ご飯をひたすら甘みを感じるまで噛み続けるという実験もやってみました。

比較的富裕層の家庭の子供が通う学校であるということに加え、このクラスは最上級生として非常に意識も高いので、野菜も抵抗なく食べるとのことでしたが、普段の食材はどうやらドーナツやらパンケーキといった油と粉のたべものを常食にしているようです。そんな彼らに少しでも意識改革が起せたらうれしいな。
事実、最近書いてもらったエッセイに糖尿病について触れている生徒も何人かいたのですよね。国としての問題としてだけではなく、自分の問題としても自覚してほしいなと思います。

ともあれ、計画していた特別コラボ授業がすべてつつがなく終わったことがうれしいです。
あらためまして、すべてのコラボ授業にご協力くださった5名の隊員さん、本当にありがとうございました!!!
Kommol tata!!!

by jpt-in-Marshall | 2014-03-29 12:57 | 日本語教育@マーシャル

コスプレ週間

e0248833_12251587.jpg

赴任先はアメリカンスクールということもありイベントが大好き。とにかくイベントをやりまくることがいい教育だと思ってる節もある?と忙しくなるとついつい毒もはきたくなったりしますが、このイベントはなかなか楽しかったです。
その名もSpirit Week。
アメリカの学校でも一般的なのかはわかりませんが、赴任先では毎年恒例の行事。

で、何をするかというと1週間制服ではなくて、日替わりのテーマに即した装いをして登校するというもの。クラスの中でどれだけの人数がコスプレしてきたかを競うそうです。

今年のテーマは、
月:Green day
火:Mumu day
水:Wacky Wednesday
木:Twins’ day
金:Sports day
e0248833_1227367.jpg

写真は火曜日ムームーデーの様子。ムームーというと正確にはハワイのあのムームーをさしますが、マーシャルでは普段着のnuknuk guamのことも指すようで、その日ヌクヌクを着ている生徒が圧倒的に多かったです。私はハワイで昔買った本家のムームーで決めてみました。
e0248833_12261788.jpg

男の子もちょっと妖艶?

そして水曜日はとにかく突飛な格好をするという一日。
バティック柄のヌクヌクと紫のターバンと大ぶりのイヤリングをつけて、私はジプシー風に決めてみました。あいにくその写真を撮り損ねてしまいました。

生徒たちも思い思いの装いで、見ていて楽しかったです。
e0248833_12284881.jpg

そして、なんとその日、Japanese3のクラスでテストをしていたら地元紙の取材が!急きょ写真撮影会になり、翌日発行の新聞の1面に載ってしまったという(笑)さあ、私はどこでしょう?

木曜のペアルックデーは同僚のフィリピン人の先生とお揃いのピンクのタイダイシャツと黒ズボンで決めました。このころになるとだいぶ自分のテンションも下がってきて、きんようびは平服に。まあ、ちょっと事情があったのですよ。その事情とやらはまたいつか。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-28 12:29 | マーシャル徒然

先輩隊員、帰国直前にCOOPに来たる!

e0248833_1065136.jpg

先日、クワジェリン環礁のイバイで2年と延長した9か月の任期を終えた先輩隊員がCOOPの日本語クラスに遊びに来てくれました。

その時間はちょうど10年生(先述の誓約書のクラスです)のJapanese2のクラス。このクラスは基本的に前半を文法などの学習や書く練習、後半をゲームをしながら口頭練習という形を取っており、先輩にはこのゲームにも参加していただきました。

まずは自己紹介。

「マーシャル人じゃありません」の一言が笑いを誘いました。

そして今回のゲームは椅子取りゲーム。英語ではmusical chairsと言います。
e0248833_10191154.jpg

負けた人が、私が魅せる絵カードの日本語を言わなければならない、というルール。
e0248833_10243884.jpg

みんな結構本気で椅子の争奪戦をしています。

ゲームにマジになってしまうのだから、まだまだ子供よのう~(笑)

翌日先輩隊員は帰国されました。首都のマジュロとは離れたクワジェリンのイバイで、ほぼ一人で頑張っていた先輩。帰国後もすでにいろいろなことに取り組まれるようで頼もしいです。

本当に、お疲れ様でした。そして、COOPにお越しいただきありがとうございました!

by jpt-in-Marshall | 2014-03-28 10:25 | 日本語教育@マーシャル

One Pieceと誓約書

わたしは週に1度各日本語クラスでアニメOne Pieceを見せているのですが、ご存知の方も多いように上品とはいいがたい日本語が出てきます。しかもそれが英語字幕になると必要以上にお下品になってしまうので、高校で教鞭をとる身としてはいささか困ってしまうのです。
e0248833_153191.jpg

しかし、生徒の殆どがちゃんとわきまえていて、そういう言葉が出てきてもわざと繰り返したりしません。それでも、おとしごろですもの、いるんですよね…耳に入ったお下品ワーズを大声でシャウトする奴らが・・・

犯人はJapanese2の10年生軍団。そう、赴任以来私を苦しめるアイツラです。
最近は徐々に大人になって、静かに課題に取り組む姿も見られてきたものの、おげん品な言葉大好きなお年頃。
「バカ!」だの「う○こ!」だの「お○ま!」だの意味もなく連発するのです。

これはいかんだろう、と思った私は一計を案じました。
それは、

誓約書

です。

「最近、君たちは下品な言葉をアニメから学んで、それをクラスで叫んでいる。もうOne Piece見せるのをやめようかと思ってるんだけどね…」
もちろん生徒たちは体全体で「NOOOOOOOOO!」と抵抗。

「よし、じゃあ誓約書を書いてもらいましょう。」

というわけで生徒と一緒に文面を考え(てもらい・・・私は文書の英語が苦手)最後に日付と生徒のサインを一人一人書いてもらいました。
「Formalにいくね~」と生徒に突っ込まれましたが、そういうのも社会勉強なのだ!

自分で誓約書にサインしたのだから、約束は守る。自制心と責任感をこの段階から体得していってもらいたいものです。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-27 15:30 | 日本語教育@マーシャル

パワースポット

日本ではいまだにパワースポットブームが続いているのでしょうか?

私にとってパワースポットというのは単純に「お気に入りの場所」です。今回は私のパワースポットilo Majuro (in Majuro)をご紹介したく思います。

①オーシャンサイド
e0248833_13571371.jpg

自宅の裏はもう海!外海なので波が立ち、日々違う表情を見せてくれます。ラグーンではないので海の色はさほど青くありませんが、最高の日の出と絶え間なく響く波の音の中で暮らせるのは幸せなことです(弊害も多々ありますが)。夕方オーシャンサイドの磯辺に座って海を眺めながら音楽を聴くという極上のリラックス方法があります。
この海では落ち込んでいるときには力をもらい、いろいろ頭が混乱してむしゃくしゃしているときには落ち着かせてもらいました。自然は最高のパワースポット!


②アミモノショップ
e0248833_13584148.jpg

やっぱり手仕事はいいな。マーシャルの手仕事、アミモノがたくさん並んでいるのを見るだけで癒される私。アミモノの香りも静けさへといざなうアロマです。アミモノが比較的安く手に入る穴場を発見。以前ブログでもご紹介した病院付属の糖尿病対策Wellness Centerです。ここではローカルが直接売りに来て、市内のアミモノ屋さんより比較的安く販売しているのです。アミモノを見るとついついほしくなる。最近はこの欲望を抑えるのが課題です(笑)


③自宅
e0248833_13595038.jpg

ええ、やっぱり自分のおうち、大好き。こもっていちゃいけないな、と外に出てるほうが快適なモードもありますが、やっぱりうち籠りしていたい、と思うときもあるのです。
キャンドルをともして、音楽を聴きつつ妄想の世界を旅したり(笑)、本を読んだり、日記を書いたり。なんてことはない過ごし方ですが、それが自分にとって大きなパワーリカバリーだったりします。写真の聖母マリアキャンドルは、近所のスーパーで売っていたメキシコのもの。帰国したらメキシコを旅したいと思っているので、店頭で見かけたときにはテンションが上がりました。

【番外編】マーシャルのチェブちゃん
e0248833_1413036.jpg

パワースポットではありませんが、パワーをもらってるのがこのラカトゥ。
マーシャルのチェブラーシカ実写版、タギオ君(前日の記事には「タデオ」と書きましたが、よくよく聞いたらこちらでした・・・)。


この子にほっぺにチューされようものなら疲れも吹っ飛びます。かわいい!!!
日本に連れて帰りたい!!!

by jpt-in-Marshall | 2014-03-17 14:02 | マーシャル徒然

Lazy

e0248833_663124.jpg

中学の時の英語で習ったこの単語。意味はもちろん「怠け者」。

マーシャルへきて頻繁に耳にするようになった。外国人が現地人を評するのに使ったりもしますが、マーシャル人自身が自らをLazyと評するのです。

私自身は個人的にこの表現が好きではないので、言わないようにしているのですが、先日生徒とこんなLazy談義を繰り広げました。

「先生、マーシャルの子供はねすっごく元気なの。」(確かに、夜中でも豪雨の中でも奇声を上げて走り回ってます)
「でもね、高校生くらいになるとLazyになるの。」

なんで?と聞いても肩をすくめるだけ。もはや理由を考えられないほどLazyになってるってこと!?笑

「先生、あの子はねすごく頭が良いんだけどLazyなんだよ。だから学校もよく休むし、授業中もだらっとしてるの」
確かにLazyと称された子のことを言い当てていました。

生徒たちがあまりにLazyな自分を正当化してくるので、私も思わず言ってしまいました。

「みんなの頭は私より若いんだよ。記憶力もいいし、よく動くの。60くらいになったらLazyでもいいけど、10代でLazyになっちゃだめ!鉄は熱いうちに打てっていうでしょう。」

何も勉強だけがすべてではないと思う。でも、なんでも頑張ってやってみることで得られることってあると思うんだけどな。これは国や文化の違い云々の問題ではない気がするんだけどな。なんでも受け身で自ら求めて努力する姿勢を持たぬまま大人になってほしくないな、と思ったりする。もちろん学校で見ている彼らの姿なんてごく一部でしかなくて、私が彼らのすべてを理解しているわけではないんだけど、2年近く接しているとLazyのレの字が脳裏をよぎってしまうことがあって、思わずあわててしまう。

もちろん、自分や自分たちの考え方が正しいということではないんだけど…

きっとマーシャルを去った後もLazyという言葉を聞くたびに、この複雑な気持ちを思い出すのだろう。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-17 05:57 | マーシャル徒然

安物買いの銭失い

マーシャルに来て得た教訓。

ここでは買いたいものがあって安いものと高いものがあった場合、高いほうを選ぶべし。

日本では安くてもある程度の品質は保証されているので、あまり意識しませんでしたがここで手に入る安物は本当にしょうもないものばかり。まあ、ほかの国では安く売られてるようなものでもここは島国なので郵送費+選択肢がないということで値段が吊り上がることが多いので、ある程度の値段であってもしょうもないことも多々あるのですが…

とにかく、高いほうを選んだほうがいい。安いのを選ぶとすぐ壊れてダメになる。それこそ安物買いの銭失いです。今回、電子ケトルでつくづくそう思いました。

1月に某スーパーで約$33の電子ケトルを買いました。電子ケトルの中では一番安いお値段。しかし一度に$33というのは協力隊員として生活していると結構大きな支出であるため、安いのを選んでしまったのです。そうしたら2か月たった先週火曜日、突如壊れました。電源は付くのにお水が全く温まらない。プラグをかえても変化なし。
バックドロップをくらったような気分でした。あと3か月弱で帰国なので再び購入するのを一瞬考えましたが、あるとやはり便利なのです。お茶が大好きなので。

ショックを抱えながら再びスーパーへ。電子ケトルのコーナーを物色。幸いセールになっていて一番高い$50以上のものも$10以上安くなっていたので、こちらの一番高いものを選びました。これでまた2か月で壊れたら、泣く、いや、笑います(笑)
e0248833_5345030.jpg

写真の白いほうが壊れてしまったもの。白くてシンプルなデザインで気に入っていたのですが…。
箱のが今回新たに買ってきたもの。コンパクトになって鳥みたい(笑)セールになっていてよかった。これでまたおいしいお茶が飲めますね。

というわけで、これからマーシャルにいらっしゃる皆様、マーシャルでは値段だけにとらわれず、賢い消費者になりましょう。というか日常で使う電化製品(例:炊飯器、ジューサー、電気ケトルなど)は日本から持って行ったほうがいいと思います。こちらでも手に入りますが、非常に壊れやすいので下手をすると何度も買わざるを得ない羽目に陥ります。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-17 05:35 | マーシャル徒然