人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


外国人のおかげで

e0248833_965434.jpg


何度も言うようですが、マーシャルには外国人が多く、医療、教育、ビジネス、政治など様々な分野で外国人のお世話になって成り立っている国です。日本人だけではなく、中国人(台湾出身者が多い)、フィジー人、フィリピン人、アメリカ人、オーストラリア人、ニュージーランド人。
独立国なのだから、マーシャル人に頑張ってもらいたいのが正直なところなのですが、やはり外国人だからこそできることもあるのです。私は高校で日本語をおしえているので、教育面でそういうことが見えてきます。

マーシャルは子供が多いので、小学校はどこもパンク状態。一クラスに20人以上いるのではないでしょうか。しかしそれと反比例して、教師の数が非常に少ない。今は改善の方向に向かっているようですが、教師自体が高卒で、教師になるための勉強をしているわけではない、つまり正規の資格を持たない先生たちが多く、教育の質に関して批判を浴びてきました。(もちろん高卒の先生だからと言って、だめだといいません。いい先生もいると思います。が、そうではないケースのほうが圧倒的に多いです。)ですから人員不足改善と教育の質の向上を図って外国人(フィジー人、フィリピン人、アメリカ人が多く、協力隊などの日本人も一役買っています)のお世話になるわけです。

また、(ちょっと古めの)キリスト教的な側面が強いため、性教育などはとてもローカルの先生にはできません。これも一つのマーシャルの面白さですが、公の場ではキリスト教的考え方が強い割に、プライベートではマーシャル流なのか、結婚制度が緩く、内縁の関係が多かったりします。またティーンエイジャーの妊娠も社会問題の一つでして、公立高校になんと、産休制度があるほどなのです!
ですから性教育、バースコントロール教育は必要不可欠なわけですが、マーシャル人が公の場でそれを語ることはできない。というわけで、ここも外国人の出番なのです。私の学校ではアメリカ人の女性の先生とフィジー人の男性の先生が手分けして授業を行っています。また協力隊の看護師隊員が各教育機関に出前授業をすることもあるそうです。

協力隊という立場だと、どうしても「ローカルによる自立した社会を目指したい」と思うのですが、それができない理由には単にその国の資源や経済力の問題だけではなく、文化、あるいは考え方などの内面的な問題にも行き当たるのだと実感させられます。日本はそういう意味で内面的にも良くも悪くも変化してきたことで発展した国だと思いますが、すべての国が同じようにできるわけではないですし、悪い意味での変化を最小限にできる方法をこれからの時代は考えていく必要があるのではないでしょうか?

今日はちょっと真面目なお話をしました^^

by jpt-in-Marshall | 2013-05-23 09:07 | マーシャルあれこれ

34th Constitution Day

e0248833_5282374.jpg

5月1日、メーデーはこちらマーシャルにおいてはとっても大事な日となっています。独立記念日でもあるConstitution Dayなのです。もちろん祝日ということで学校はお休み。しかし、記念パレードに参加するため、お家でゴロゴロというわけにはいきません。むしろこれは国を挙げた祝典なのです。ECCと呼ばれるところからCapital Buildingの会場まで学校、職場、国単位でパレードをします。私は赴任先のCOOPに最初参加してから、途中で引き返してJICAに参加。(学校で参加すると長い長い式典が終わるまで我慢しないといけないので・・・)
e0248833_533411.jpg

e0248833_5471698.jpg

マーシャル、フィジー、アメリカ、韓国、そして日本、と国際色豊かなCOOPの教師陣
e0248833_5355474.jpg

今回目を引いたのは台湾勢。原住民のアミ族の衣装を着てパレードに参加し、ひときわ目立っていました。とくにこの人・・・
e0248833_5461548.jpg

日本人とも仲が良く、日本語もペラペラなSさん。セクシーすぎて一同大爆笑。近所の子供にもからまれていました。それにひきかえJICAの日本勢は平服でバナーをもってただ歩いただけ。一瞬ひげダンスをしてみましたが、いまいち盛り上がりに欠けるパレードでした。人数も少なかったし。来年はコスプレだな。
e0248833_5382280.jpg

パレードの後は式典に少しだけ参加。お祈りの後の国歌斉唱をして、ほかの隊員と公園の出店に直行。普段は見られないローカルフードのお弁当がより取り見取り。
e0248833_542312.jpg

1周したらいつの間にか、トマト2袋($2×2)、リグェル(ココナッツミルクと繊維のジュース)、BBQ弁当、フィリピンのおかしが両手の中に。
いい時間だったので自宅に戻り、おひるごはん。
今回はローカルフードがたっぷり入ったお弁当を選びました。これで3ドルくらいだったかな。
ブイロー、タロイモ、BBQチキン。ボリュームがすごくて完食ならず。

夜は海から花火が打ち上げられるということで、またまた公園に戻りました。
8:45頃、というアナウンスでしたが、時間通りにおこなわれないだろう、と予想していたのですがなんとほぼオンタイム。マーシャルはマーシャリーズタイムという言葉があるくらい遅れることが日常茶飯事なのですが、ごくまれにオンタイムになることもあります。そういう時はうむをいわさずオンタイム。遅れてきた人は無情にもおいて行かれますので、ご用心。だから結局早く行くしかない。
花火は最初こそ小さくて日本人からするといまいちという感じでしたが、だんだん大技が出てきてなかなか楽しませてもらいました。それにしても会場には人、人、人!
マーシャルでこんなに人がすし詰めになっているのをはじめてみました。マジュロってやっぱり人が多いんだな、と実感。あくまでマーシャルという国の中での話ですが。

by jpt-in-Marshall | 2013-05-23 05:50 | マーシャル徒然

FBI直伝の・・・

面白い本を読みました。

ここのところ、もっぱら読書かDVD鑑賞にはまっております。この間はドミとオーナーさんのお宅に伺いたくさん文化の仕入れをしてきました。本は10冊くらい借りてしまった(笑)

ドミトリーの図書室でふと目にとまった1冊。読みやすいものが欲しくてお持ち帰りをしました。

ダンナ様はFBI

田中 ミエ / 幻冬舎


今はどうかわかりませんが、ちょっと前よく流行ってましたよね。「ダーリンは○○」などの伴侶ネタ。これもそんな中の一つなんだろうな、まあ楽しく読めそうでいいな、という軽い気持ちで読み始めたのですが、これがなかなかすごかった。

何がすごいかというと、FBIをリタイアしたアメリカ人男性との甘くてハードボイルドな結婚生活が綴られているのかと思いきや、FBI流人生奥義が並べられていて、ある意味勉強になりました。そこら変の自己啓発本よりもすごいかもしれない(笑)

著作権の侵害にならない程度に、少々ご紹介しておくと・・・

【FBI直伝・自分の魅力をアップさせる10の掟】
①初対面の人には時間差で2度微笑みかけろ
②出会って最初の1分間は、相手に尊敬を伝える時間
③軽くスピーディーなスキンシップはポイントが高い
④目が合った瞬間、0.5秒差でハローを言え
⑤家族の話をアピールして相手の信頼を勝ち取れ
⑥相手への最初の質問で、自分を効果的に印象付けろ
⑦成長のための投資は、自分に7割、子供に3割
⑧不得意なことを無理して引き受けるな
⑨贈り物に頼らなくても心は伝えられる
⑩「生涯最低年収」を決めて、自分の力をテストせよ

著者でもあり、この元FBI旦那さまの奥様でもある田中ミエさんは、独立したコピーライターだったため、このセオリーが非常に役立ったといいます。

そのほか「ダーリン」の危機管理に関する徹底した姿勢と、そこから巻き起こるドタバタ劇には思わず笑ってしまうのですが、バブル以前の治安の良さ世界一を誇った当時の日本でなぜにこんなに?とみんな思ったのでしょうが、「ダーリン」の予言通り、日本には凶悪犯による犯罪やおれおれ詐欺などが倍増しました。そんな社会を知っていると、「ダーリン」のおっしゃることがいかに正しいかがわかります。
読み終えて、ごつい外見に似合わず、侍気質でシャイな「ダーリン」さんですが、奥様にとってもお子さんにとっても素敵な伴侶であり、父親であったんだなぁ、と思うのですが、やはりそういう人と四六時中一緒にいるのは大変だよな、とも思ってしまいました。

さらりと読めて、かつ笑えるのに、決して「軽い」エッセイではないこの1冊。おすすめです^^

by jpt-in-Marshall | 2013-05-23 05:21 | 読書備忘録

ちょっとかわった試験



今日から学年度末試験が始まりました。
初日の今日は日本語2のクラスの試験がありました。
ほかのクラスの試験は通常通り、リスニング、ライティング、スピーキングのいわばペーパー試験ですが、この日本語2はちょっと趣向を変えた試験を実施しました。

「わたしの理想の高校」

つい1か月くらい前に単元末試験を終え、さほど進んでいないのでいつもの試験では面白くないだろう、という背景があったので。

また短大で教えている先生のアイディアを参考にして、ライティングとプレゼンをメインにした試験を行うことにしたのです。

「あなたは高校の校長です。以下の質問に答え、理想の高校について書き、発表しなさい」

という課題を与えました。

もちろん、まだ動詞、形容詞のて形や理由表現など基本的なことしか勉強していないクラスなので、ゼロからのスタートはできません。事前に試験内容を知らせ、本番と同じ質問と回答例を渡し、読み合せをしました。また当日はテキスト、ノートを持ち込み可とし、3回までなら教師である私に質問してもいいというルールを作りました。(甘すぎるようですが、これぐらいのサポートが必要)

そして迎えた試験当日。なんとほとんどの生徒がノートに自分の答えを用意し、中にはパワーポイントを作ってきた生徒も。

評価に忙しく、写真はないのですが、どの発表も個性が出ていて面白かったです。
以下名?迷?回答例を。

「場所は海の中がいいです。すばらしいですから!」
「ランチはまいにちパンを食べます」→パンのみとのことで、ブーイングがでました。
「ピジン語と日本語を教えます」→クラスメートにソロモン諸島出身の子がいるからでしょうか。
「お昼ご飯はおちゃとごはんをたべます」
→甘い紅茶にご飯を入れて食べるんだそうです。本人曰く、甘くておいしいそうです・・・
「授業はしません。まいにちワンピースをみます」
「ランチは(地元で人気の)レストランに行きます。代金は月謝に含まれています」
学校をなんだと思ってるんだ!!!と突っ込みたくなることもしばしばですが、普通の試験より面白かったです。生徒たちもこの形式が気に入ったようです。
日本語としては不完全ですが、それでも予想以上に自分たちで知っている日本語を駆使してプレゼンを作っていたのには感動。
来年、似たような形式で試験をした場合、彼らの日本語の上達度が見られたらいいな、と思いました。

by jpt-in-Marshall | 2013-05-21 11:26 | 日本語教育@マーシャル

モモタロウのできあがり!

ついに、ついに、

完成しました!!

なにがって、

e0248833_6412692.jpg


日本語4クラスによるプロジェクト、『ももたろう』の絵本です!!


地元の新聞社に併設されている印刷所に依頼し、出来上がるまでにやや時間がかかったり
「表紙はハードカバーね」とか言ってたくせに、実際には少し集めの画用紙だったり
見積もりよりも$50高く請求されたり

微妙なトラブルが勃発しましたが、
そんなことでいちいち目くじら立てていてはいけません。


だって、だって、


ここは


マーシャルなのですから(笑)

印刷会社から本を持ち帰り、翌日せいとにみせたら、彼女たちは大喜び。

「とてもいいです!!」
e0248833_6443175.jpg


生徒には一人3冊ずつ配り、家族に渡してもらうことにしました。
彼女たちは来週卒業します。
高校生活の一つの思い出になればいいなと思います。

また私自身にとっても、赴任1年目で形に残るものが作り出せたのは喜ばしいことです。

by jpt-in-Marshall | 2013-05-21 06:47 | 日本語教育@マーシャル

マーシャルの好き嫌い

e0248833_17174434.jpg

マーシャルに来て10か月。あとひと月ほどで1年度が終了し、夏休みが始まります。つまり赴任折り返し地点を迎えつつあるということです。そんなこともあり、私自身の気持ちを整理するためにも、マーシャルの好きなところとそうでないところを記しておこうかと。

((好き))
①マーシャル人
マーシャル人は基本的にやさしいです。そして忍耐強い。ジャルート旅行の時に何度も飛行機が遅れても、みな文句を言ったり、怒鳴り込んだりしなかった。私は赴任先の事情もあって、ほかの隊員ほど現地の人との接触が少ないので、見えてないことが多いのですが、それでもやっぱりマーシャル人はいいな、と思います。

②治安の良さ
マーシャルは治安が良いです。もちろん、窃盗などの犯罪がないわけではないので、注意は必要ですが、ミクロネシア文化圏のパラオの首都やミクロネシア連邦のチュークと比べたら、マーシャルの離島はもちろん、首都マジュロの治安の良さは輝かしいものです。なにせマジュロで一番隊員がおそれているのが犬ですから。もっと治安の悪いところに派遣されている隊員もいるのですから、そのあたりは非常にありがたいことだと思います。

③アミモノ
以前記事でご紹介した、伝統工芸品です。素敵です。
e0248833_17231428.jpg

④海が近くにあること
海の近くに住むこと、日常的に海を眺めることが夢でもあったので、幸せです。朝日の出の時間や仕事が終わった夕方、自分を癒すべく海辺に座ります。どれだけ癒され、励まされたことか。自然のパワーですね。

⑤子供の人懐っこさ
マーシャル人は概してシャイな人たちだといわれていますが、子供たちは別。道端を歩いていても見知らぬ子供が「バ~イ!」なんて言って手を振ってくれたりします。非常に人懐っこくてかわいいです。赤ちゃんもむくっとしていて目もくりくりしていてかわいくてたまりません。
e0248833_1722541.jpg

⑥いやらしさがない
もちろんマーシャル人とて人間ですから、負の感情もあることでしょう。自殺も社会問題の一つです。しかし、他の国には日常茶飯事なのに、この国の学校であまり目立って存在しないことがあります。いじめ、ねたみ・・・ゼロとは言えないのでしょうが、あまりみられない。クラスで毛色の違う子がいても、いじめが発生しない。誰かがたたえられたら、一緒に喜ぶ。つまり陰気さが日本とは比べ物にならない気がするのです。もちろん、ないわけではないですよ。マーシャル社会は欧米的ではなく、どちらかというと日本的なところが見られますから。

((好きではないところ))お断りしておきますが、わたしはまだまだマーシャルを知り尽くしたとは思っていません。あくまで私の印象の話です。自分が知っていることは氷山の一角に過ぎないことは百も承知ですが、きれいごとだけを挙げ連ねるのも私のやり方ではないので、批判を恐れずあえて書きます。

①計画性、タイムマネジメントがうまくないこと
 行事などすべてにおいて土壇場で動きます。
「マーシャル人は土壇場になれば、やりますからね」とよく言われますが、それは結局
「土壇場にならないと、やらない」ってことだろ~~~~!と突っ込みたくなります。
そのため、あらゆる場面において振り回されることしばしば。
しかし、マーシャリーズタイムとはいいつつも、突如オンタイムでことが運ぶ時があり、「どうせ遅れるから」とのんびりモードでいると、あっさり置いてけぼりを食らうという不条理も存在しますので、ご用心。

②待ちの姿勢
援助で生活が成り立っている国の情勢だからでしょうか。外国人がなんでもやってくれる、それが当たり前、だから自分たちは座って待っている、という姿勢を感じます。それは社会の上層部のマーシャル人においても見られます。生徒たちにしても「先生がいろいろ自分たちにやってくれて当たり前」という姿勢で、いろいろ注文を付けてくることがあります。
「私はボランティアできてますが、サンタクロースではありません。あなた方もちゃんと参加しなさい!!!!」と言いたくなるボランティア多数。自主性、能動性がみられることが稀です。

③何か「もってる」のに、どこか残念
マーシャルに来て1,2か月目にしてすでに気づいてしまいました。この国は、というかこの国の人たちは何か持っている人たちだ、だけど今では伝統文化もほとんどが廃れて、アメリカナイズされてしまっている、ということに。他の国が伝統を主張するのに対して、マーシャルはそういうものが少なく、たまに見るのもマーシャルのではなく、ハワイのものを代用していたり。なんだかそういう面でも残念な国だな、と。
本気になれば小さなサンゴ礁の国でありながらも、大洋州一と呼ばれる手工芸品を生み出したり、最速のカヌーを操る見事な航海術を持っているのに、そういったものが失われつつあるのが現状。どちらかというと男性より女性のほうがよく働くし、女性のほうがパワーがある(マーシャルは母系制度です)しかし、その一方、服装や振る舞いなどにおいて、女性に対する制限が多いのも事実。
外国人が限られた任期の中であれこれしても、彼ら自身から行動が、変化が生まれなければこの国を良い方向にもっていくのは難しいだろうな、と正直感じています。もちろん、自分の日本語教師として何ができるかということも考えなければなりません。
やっぱり、援助というのは一つ間違えると、相手をダメにしてしまうのだな、と感じてしまいました。

④食生活がひどすぎる
ああ、思わず言ってしまいましたが、本当にひどい。というかマーシャルに来て、ア○リカのもののひどさを知りました。保存のためなのでしょうがあらゆるものに砂糖が入っているし、マーシャルには油分、当分たっぷりのスナックが大量に輸入されているし。小さな子供にコーラを飲ませる親もいるし。野菜はあまり食べないし。朝からラーメンやパンケーキですからね。勘弁してくれ、という感じです。そんなんじゃあ、健康ではいられないわな。
厚生省(MOH)や病院の糖尿病対策部は頑張って指導したり、ヘルシーフードの販売をしたり無料のエクササイズを開催したりしてはいますが、幅広く広がっているとは言えないのが現状。子供たちは当たり前のようにミニストアでスナック菓子やクッキーを買います。安いから。
幸い台湾ボランティアにより、ローラで野菜栽培が盛んになり、地元産の野菜も出回るようになってきて、外国人にはありがたいのですが、ローカルの食生活に影響を与えているのかというとちょっと疑問。あくまで現金収入のために野菜栽培をしている世帯が多いのも事実だとか。現にマーシャル人の多くはもともと食していたパンの実やパンダナス、ココナッツ以外の野菜類の料理の仕方をあまり知りません。知らなければ食べようとはしないでしょう・・・


まあ、こんな感じです。こう言った考えがさらに1年後どう変化するかも楽しみですね。

by jpt-in-Marshall | 2013-05-17 17:23 | マーシャル徒然

ついに!

e0248833_8523539.jpg


音楽的センスの全くない私ですが、やはり町のどこそこから、どこかくぐもった鈴のような音が聞こえてくると、やりたくなってしまう。
まわりが弾いているのを見ると自分もやりたくなってしまう。

そう、ウクレレです。

マーシャルでもウクレレはとってもおなじみの楽器です。小学生くらいの子供もウクレレ片手にお散歩している姿を見かけます。
そして協力隊員もウクレレ上手が多く、新隊員さんのお迎え時や歓迎会の時は余興に一役買っています。

そして私もついに、ウクレレを始めることにしました。

6月に帰国する先輩隊員にウクレレと教本を譲ってもらったので、なんと初期費用はタダ!

しかもMAHALOといういいブランドのウクレレだそうです。
音もわたし好みです。

ちょっとずつ、本を見たり、人に教えてもらいながら弾けるようになって帰国したいなと思っています。

by jpt-in-Marshall | 2013-05-11 09:05 | 趣味いろいろ

1回目のスピーチコンテスト

e0248833_12103254.jpg

先週の金曜日はマーシャルで9回目となる日本語スピーチコンテストが開催されました。
もちろん私は日本語教師という立場なので、出場する生徒の指導だけではなく、コンテストの企画運営に携わっていました。というか、まだ事後処理作業がいろいろあるため、まだ終わってはいないんですけどね。

終わってみて、正直な気持ちとしては、「失敗ということでは決してないけれど、やはり1年目の壁は越えられなかった」といったところでしょうか。
e0248833_12135364.jpg

COOPからは詩の朗読が3組、スピーチが5人出場しました。
詩の朗読はパフォーマンス性、コメディー性を強く押し出したCMI(短大)勢力、そして眺めの詩を見事に暗記しきったMIHS勢力にすっかりやられてしまいました。これは完全に私の指導力そしてリサーチ不足。生徒には非はありません。詩の朗読、というのが初めてで、詩の選択の難しさを知りました。しっかりリサーチして、来年はリベンジを狙います。
e0248833_121545100.jpg

スピーチは18歳以下の部門は全員COOPの生徒という何とも不思議なことになっていました。
自然と1~3位はCOOP独占。1位には3年越しの夢をかなえた名物男子の手にわたりました。
ただ、これは1人だけ賞が取れない、というシビアな展開になってしまったわけで、できたら来年は何とかしたいものです。


そして18歳以上部門(訪日研修旅行対象者)に唯一12年生の子が入り、3位入賞。彼女はかなりいけるかも、と思っていましたが、なんと、上にはやはり上がいるものですね。でも彼女にとっては悲願の入賞。本当に良かった。

本当に1年目はわからないことが多くて、難しいんだなということを痛感させられたコンテストでした。ただ、スピーチに関しては、総じてうちの生徒はある程度の水準を超えていたな、と自負してます。でもそこに胡坐をかいていてはいけない。間違いなく昨年度よりも全体的なレベルが上がっていたので、COOPの生徒たちにもしっかり頑張っていただかないと。そのためにはいろいろカリキュラムを考え直したりしないといけないな、と思いました。
e0248833_12374318.jpg

同時に、CMIの一教室から始まったスピーチコンテストが、今ではマーシャルで一番大きい施設(ドレスコードもある、政府関連の会場)で行われるに至り、かつ出場者の日本語レベルも上がってきた、となるとコンテストのシステムやカテゴリー設定などを再考する必要があるのも事実ではないかと。常に前回の反省を生かして歴代の日本語教師の方々がコンテストを運営してきてくださったことを考えると、自分も今後のために貢献できたらという思いがあります。

マーシャルでは9回目、私にとっては1回目のスピーチコンテストはこんな風に幕を閉じました。

e0248833_12433020.jpg


by jpt-in-Marshall | 2013-05-08 12:21 | 日本語教育@マーシャル