人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


Project Work2 桃太郎絵本作り

以前Japanese3のクラスで、日本語でマジュロのガイドブックを作成するプロジェクトを行っているという話をしましたが、Japanese4のクラスでもプロジェクトを行うことにしました。

8月に新学期が始まった時に、生徒にニーズ調査としてアンケートを取った際、ある女子が

「日本の昔話を勉強したい」

と言ってきました。

そこから、マーシャル人の名字にもなっている「モモタロウ」を教材にして絵本を作ろう、とひらめいたのです。

CMI(マーシャル諸島短期大学)の日本語教材に『桃太郎』の絵本があるのでそれをお借りして、CO-OPオリジナルの絵本を作成することにしました。

プロセスは以下の通りです。

①絵本を早くめくって、絵だけをみてストーリーを予想させる

②生徒にもわかるであろう日本語にリライトしたものをリーディング

③各シーンごとに担当ページを決め、絵と文をかきはじめる

④読む練習をして、発表

⑤フィードバック(どういう形にするかは未定)

今は③の段階ですが、見てください、みんなすごく集中して取り組んでいます。
e0248833_745439.jpg

e0248833_78159.jpg

午後の授業なので、普段はグダグダなのに(笑)

この絵を描くというプロセスが生徒にとっても教師にとっても面白いのです。
彼らの多くが水彩画を経験するのが初めて。
おっかなびっくり、ちょうせんしてますが、なかなかの傑作が!
e0248833_7101728.jpg

e0248833_712540.jpg

生徒のMに至っては「おじいさんは芝刈りに」というくだりで、芝刈り機を操るおじいさんの絵を書いてくれました。
恥ずかしがってます。

いろいろ面白いこともありますが、このプロジェクトも1月中に終わらせなければなりません。

なぜかって?

2月9日のMATSURIのオープニングンでプレゼンをすることになったからです!!!!!

すごいぞ~~~、がんばるぞ~~~!!!

by jpt-in-Marshall | 2012-12-24 07:12 | 日本語教育@マーシャル

ORIGAMI出張授業

e0248833_519314.jpg

突然ですが、CO-OP高校日本語教師よりアナウンスがあります。

当方日本語及び日本文化普及のために、お呼びがかかればハイスクールから飛び出して、喜んで出張いたします。

ご希望のクラスは遠慮なく、日本語担当ユリまでお知らせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という気持ちで日々活動しています。

そんな私の思いが通じたのかCO-OP初等科3年生の先生から、折り紙を教えに来てほしいという依頼を受けました。

依頼自体はかなり前にもらっていたのですが、こちらもなかなか忙しくすぐに動けなかったのですが、先月末のJambo Artで、かれら3年生が折り紙体験に来てくれて、ものすごく喜んでくれて「またやりたい」と言ってきてくれたのです。

ここまでお願いされたら、やるしかありません。
そんなわけで月曜日の朝いちばんの授業の時に(わたしは授業がなかった)3年生のクラスにお邪魔してきました。
みんな一生懸命で、とってもかわいかったです。
e0248833_5102459.jpg

e0248833_511033.jpg

e0248833_514728.jpg

ウサギと兜を折りました。
e0248833_518209.jpg

おかげで3年生とは仲良しに。ランチの時にカフェテリアで会ったりすると、”Ms.Yuri~”と言って声をかけてくれます。
Thank you cardやクリスマスカードまでもらってしまいました。

折り紙を教えに行ったのに、何度かとっても癒されてしまいました。

今後も初等科へ行って折り紙やじゃんけんなど簡単なものを教えに出張授業ができたらいいな、と思っています。これもまた新しい活動案です。

by jpt-in-Marshall | 2012-12-23 05:21 | 日本語教育@マーシャル

Marshallese song 1 Iien emman

今日はマーシャルの歌について。
マジュロでは、マーシャル人がウクレレ片手に歌いながら歩いているのをよく見かけます。
彼らは毎週日曜日に教会に行って歌っているので、歌はお手の物。パワフルな地声のハーモニーが楽しめます。
その中でよく地元で歌われているのが、“iien emmanイーエン・エンマン(Good time)”です。誕生日や誰かゲストが来た時など、何かにつけてこの歌が登場します。
私も覚えたくて、生徒に歌詞を書いてもらいました。
e0248833_4565672.jpg

ほんの一部しかわからないので、彼女に意味を聞いたらなんと
「私にもよくわかりません」
だって(!?)
表現が古いから?歌になると普通のマーシャル語じゃなくなるから?
どうしてなんでしょうね。かろうじて彼女が教えてくれたところによれば
「みんな向き合って座って楽しい時間を過ごしましょう」
というような意味なんだそうです。
動画をダウンロードしたので、毎日練習しています。この冬休み中に覚えられたらいいな。
歌詞を書いておきますね。

Iien emmanman jo jej loe droon
Ai to am naj

Lua letok eo
Kwon jijet tok
Ijoij ituru im
Ilo mool in am mool

*(くりかえし)
Ak jenjen in pwopwo
Ak waj kutuwon je
Im dreldrel waj kom
Ilo mool in am mool


by jpt-in-Marshall | 2012-12-23 04:57 | マーシャルあれこれ

教師業は難しい

火曜日から金曜日まで赴任先のCO-OP高校は期末試験でした。授業はしなくてもいいので普段よりかは楽なはずなのですが、空いた時間を利用して来学期の準備や作成しなければならない資料に取り掛かっていたので、なんだかいつも以上につかれてしまいました。

そんな中、最終日の金曜日は教師としての自分の力不足を改めて痛感させられることがありました。

最終日は生徒数最多&学力的にも差の激しいクラスの試験でした。しかも彼らは日本語の勉強をして日が浅いJapanese1のクラス。

試験の内容は授業中にクイズや復習プリントなどで何度も行ったことだったのですが、やはりできるできないの差が浮き彫りになりました。できる子は満点に近い点数を取り、できない子は赤点。できない子にしても最後まであきらめないで頑張った子は40~50点に届いたのですが、最初の時点であきらめてしまった子(まあ最後の最後で日本語の試験もつらいよね)も数人いました。

やんちゃ盛りのかれらなので、普段の授業もなかなかチャレンジングなクラスなのです。採点をしていて、色々思うところもありましたが、冷静になって試験結果を改めて観察してみました。

78~94点の範囲にいる生徒と20~30点の範囲の生徒にはっきり分かれてしまっています。50~70点の中間層がごくわずか。生徒たちの努力量を表している、といえばそれまでですがこれは評価法の観点からみると「いい試験」とは言えないのです。

今回はひらがなで書くように指示を出しましたが、まだしっかり覚えきれていない生徒もいるので、五十音表をボードに貼り、それを見ながら試験を受けてもいいことにしました。しかし、今回の結果から考えると、選択式の問題をもっと増やせばよかったのかな、と反省しています。

もっともこうなることはある程度分かっていたので、私の評価基準の中で試験の割合は5,6割と低く、その代わり普段の課題や授業態度、ノートなどの項目にも多く割合を割いているので、試験結果で成績が大きく左右されすぎることもないのですが。

引き続き来学期も、このクラスには教師として鍛えられそうです。生徒に腹を立ててはいけませんね、といっても難しいことですけれど・・・

by jpt-in-Marshall | 2012-12-23 04:55 | 日本語教育@マーシャル

Majuro散歩【デラップ~ウリガ~ダウンタウン編】

昨日で期末試験も終わり、今日から待ちに待った冬休みです。こちらではCHRISTMAS BREAKと言います。
わたしは来週月曜日から1週間ジャルート環礁へ旅行する予定です。そのまえに土曜日と日曜、完全空白の週末があるので、有効利用しようと思い、土曜日の今日はデラップからRREがあるダウンタウン方面へ歩いてみることに。歩きながら写真を撮ったり、クリスマスショッピングをしようと思っていたのです。というわけで今回はマジュロの街並みショット集。
e0248833_19261797.jpg

e0248833_19315053.jpg

e0248833_19324510.jpg

e0248833_19332224.jpg


おりしもリタ(ダウンタウンの向こう、島の先端地域)からクリスマスパレードがやってきました。どうりで人が多かったわけです。
e0248833_19334853.jpg

パレードの中には知り合いだけではなく、うちの教え子まで!
ばっちり写真を撮ってあげました。
e0248833_19341544.jpg

クリスマス前、マーシャルは比較的物資不足になることはないそうです。人も街もどこかお祭り気分が漂ってます。電気代が高いのにもかかわらずイルミネーションを施すおうちもあるくらいですから。
さらに、この時期はクリスマスセール。物価の高いこの国においては、より安くほしいものをゲットするまたとないチャンスです。
e0248833_19343546.jpg

マジュロで週末よく見かけるガレージセールが好きで、よく覗くのですが、今回覗いたところは大ヒット。いい買い物をして、ほくほく気分でさらに歩みすすめ、EZ Priceへ。こちらは日本のドンキーを彷彿とさせる?安売りのお店。地元の人は“EZ Price、Easy BROKEN”といって賛否両論あるお店ですが、トイレットペーパーなどの消耗品に関しては問題は特になく、私もよく利用しています。
e0248833_1935372.jpg


さらに行くと私が服や布が欲しいときによく覗くお店や、台湾人経営のCOST PRICE。白壁と青い装飾がきれいなウリガ教会があります。
e0248833_19353538.jpg

e0248833_19364246.jpg

そしてRRE(ロバートレイマーズ・ホテル)が見えてきました。この辺りは郵便局やローカルバンクがあったり、とちょっとした賑わいをみせているためか、地元の人はここを“DOWN TOWN”と呼びます。RREの中にあるACE HARD WAREやお隣のISLAND GROCERYは便利なお店です。特にISLAND~は他よりもジャガイモなどの野菜が格安で手に入ります。
e0248833_1937856.jpg

今日は久々にしっかり歩くことができました。写真もいろいろ撮ることができたし、ちょっとしたショッピングも楽しめました。冬休みの始まりとしては、なかなかのものなのでは。

by jpt-in-marshall | 2012-12-22 19:38 | マーシャル徒然

Garage Sale

マジュロでよく見かけるのが、ちょっと広いお宅の庭を利用したガレージセール。早いところでは金曜日から、土曜日の日没までやっています。私もお散歩の途中で見かけたら、必ずと言っていいほど覗いてみることにしています。比較的良質な衣類がお手頃価格で手に入るのと、マーシャルにはない「マーケット」感が楽しめるからです。
余談ですが、マーシャルで残念なのがアジアで必ずと言っていいほどみられる市場がないことです。
そんなガレージセールは、私にとってささやかなお楽しみの一つでもあります。とくにこの南国ではTシャツが何枚も必要なので、気に入ったデザインのものを探したりします。

今日はお散歩の途中で見かけたウリガにあったガレージセールを物色。

これが大ヒット。
本日の釣果です(笑)
e0248833_1920135.jpg

仕事で着られそうなブラウス類からかわいい寝間着(ちょっとジェラートピケみたいじゃないですか?)、そしてヌクヌクグアムの下にはけるような紫(これが大事!)の短パン。これすべて合わせて$22!
こちらでは洋服代は決して安くはなく、こじゃれたトップスが$20以上するので、いかにお買い得であるかがわかります。しかも地元のお店に売ってるものより、質もデザインもハイレベル。だからガレージセールはやめられません(笑)

じつは昨日も別のガレージセール(知る人ぞ知るMIHSの校長先生Eのご自宅)で赤いTシャツとスイムパンツ(メンズですが、こちらは女性もメンズのをヌクヌクの下に穿くのです)を買ったばかりだったのです。

しばらくガレージセールへ行くのは自粛します、はい(笑)

【おまけ】
もうひとつ、クリスマスということでちょっと財布のひもを緩めてしまったもの。
台湾系スーパー、フォルモサでみつけたかわいらしいネックレス。それぞれ$5です。
e0248833_19202267.jpg

以上、自分へのクリスマスプレゼントでした!

by jpt-in-marshall | 2012-12-22 19:21 | マーシャル徒然

日本では食べられませんね

e0248833_18583092.jpg

マーシャルには魚市場があります。
マーシャルは海洋国ですから、魚介類は例外的に安く、かついいのが手に入ります。

マグロもスーパーで大きな切り身が2から3ドルくらいで売ってます。

ところで、この魚市場には二人のJICAボランティアが働いています。

そのうちのお一人がシニアボランティアとして10月にいらしたG氏。

G氏は日本が誇る築地の魚市場でセリ人として長く勤めていらした方です。

そのご経験を生かすべくこのマーシャルにいらっしゃいました。

先日は、あることの引き継ぎのためそのG氏邸にお邪魔しました。

扉を開けるとそこには、な、なんと!

日本の高級料亭かと見まごうようなグルッパのお刺身と豪華伊勢海老が!
しゃぶしゃぶの用意まで!!!

食欲に揺らぐ気持ちを抑えながらもなんとか引き継ぎを終えて、宴の始まり

グルッパのお刺身はあり得ないほど、美味!

G氏も「ここまでおいしいのは、そうめったにないよ。運がいいね君たち」とおっしゃるほど。

伊勢海老のしゃぶしゃぶも人生初でした。

参加者全員(4名)「こんな豪華なものは日本では食べられないですね」としきりに言ってました。

こんなに絶品のお魚料理を食べたのは本当に久しぶりでした。
しかもカジュアルな雰囲気で(笑)

G様、これからもどうぞよろしくお願いいたします(爆)

by jpt-in-marshall | 2012-12-16 19:00 | マーシャル徒然

救援物資

マーシャルは日本から船便だけではなく、航空便、SAL便でも取り扱いがあるため、比較的荷物を送ってもらいやすい土地でもあります。

協力隊派遣国の中には船便しか取り扱っていないところもあったり、航空便でもえらく値段が高かったりすることもあるため、自分は恵まれてるなと思います。
しかし、アメリカとのつながりが強いマーシャルは、アメリカからの荷物はたった$15-17くらいで送れるのです。いいなあ。

しかし、アメリカのことを羨んでいても仕方がないので、私は2か月に1度のペースで日本から荷物を送ってもらっていました。

初めての海外生活。自分が持ってきたものはほとんどが正解でしたが、やはり「これもあったほうがよかった」ということもあり、こちらで送ってほしいものをアマゾンのリンクを貼って、父に送ってもらいようお願いしてきました。

基本的に私は「現地主義」です。
何から何まで日本のものでなくてはいやだ、というスタイルではありません。もちろんそれを否定するつもりはありませんが私はなるべくこちらで手に入るものを購入して使うようにしています。
たとえば衣類はほとんどがこちらで購入したり、オーダ―メイドしたり、布を買って自分で縫ったものを着ています。
しかし、それでもやはりあるのです。

「日本から送ってほしいな」と思うものが!

今までに送ってもらったのは、

日本語教材(日本でしか手に入りませんから、やはり)
本や雑誌(おもにインテリア)→余暇を豊かにするには不可欠
乾物(ひじきや高野豆腐、車麩)
薬、目薬

そして今年最後の救援物資はこちら
e0248833_17491955.jpg

ラッシュガード
本や雑誌、日本語教材

そして



のど飴から好物のミルクキャンディーを送ってもらいました。

アメリカのキャンディ。わたしあまり好きではないんですよね。

サプリメントと免疫力をつけるエキナセアのハーブティーですs。

いつも送ってくれる父には感謝です。

この場を持って、改めて御礼申し上げます!

by jpt-in-marshall | 2012-12-16 17:49 | マーシャル徒然

MATSURI開催決定!

以前「同じマーシャルの日本語教師隊員とちょっと大きいことをやろうとしている」と書いたことがありました。

それが正式にJICAオフィスからも、彼女の赴任先からも、そしてうちの学校CO-OPからもOKをもらったので、この場でお知らせしたく思います。

MATSURIを2月9日土曜日の夕方に開催します!!!
何年も前のこと、マーシャルの隊員が一丸となって日本文化を紹介するイベントを開催していたのですが、
集客数が伸びなかったとか、文化デモンストレーションができる隊員がいなくなってしまったといった様々な理由で開催されなくなってしまったといいます。

確かに人も物も不足し、ほかの国々からも遮断されたこのマーシャルで、日本語教育が盛んな諸外国が行うようなイベントと同じレベルのものを行うのは簡単なことではありません。
しかし、それが「やらない」という選択肢にはつながらないはず!と二人で「できることをやろう!」と日本祭の復活を企てていたのです。

当日は日本文化を紹介するパフォーマンスや体験コーナー、そしてMJCCに協力していただいて日本の食べ物を販売することができそうです。

また赴任前に震災ボランティアに参加した隊員の写真を展示したり、絆プロジェクトに参加した学生にプレゼンを行ってもらうなど、盛りだくさん。

この冬休みでどれだけ準備が行えるが、カギになりそうです。

いい報告ができるよう、頑張りたいと思います。

by jpt-in-marshall | 2012-12-15 11:38 | 日本語教育@マーシャル

クラスのルール

Japanese2のクラスは動詞のて形を使った「てもいいです(許可)」と「てはいけない(禁止)」の文型を勉強しました。
そこで、クラスのルールを作るという活動を行いました。
ペアになって生徒たちに作ってもらったのですが、その中から名作、迷作をセレクトしました。

・おふろにはいってもいいです→教室だって何度も言ったのに、変えようとしなかった二人
・デートをしてもいいです
→高校生ともなると恋が生まれることも。カップルがキャンパスの中で一緒に歩いてるのをよくみかけます。放課後に至ってはキャンパス内であるにもかかわらずいちゃついてたりします。
・いじめてはいけません
・けんかをしてはいけません
・ほんをたべてはいけません
・しんではいけません(!?)

また一見何気ないものではあっても、土地柄を表すのかな、というのが、これ。

みずをのんでもいいです。

いま、日本の中学校や高校って授業中にペットボトルの飲み物を飲んでもいいのでしょうか?

昔話をするようで恐縮ですが、私のころはNGだった記憶が。
学校に水飲み場があったので、休み時間にそこへ行ってましたね。

一方こちらは気候の面もあり、水分をこまめにとるのが不可欠なので、授業中に飲んでもいいのです。
それから授業中に生徒によく聞かれるのが
「水を取りに行ってもいいですか?」
というもの。

自分のボトルの水がなくなったら、近くのウォーターサーバーで補充するのですが、授業中にそこに行きたがる生徒が多いのですよね。
そういうのは日本にはない部分ですね。

ささやかなことですが、マーシャル、というか南国ならではの質問だと思いました。

by jpt-in-marshall | 2012-12-15 10:55 | 日本語教育@マーシャル