人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


生徒にすっぽかされるの巻

今週はちと「かちん」と来ることがありました。
ああ、やっぱりマーシャルなんだよな、ということと、あくまで高校生であるということを忘れてはいけない、ということを改めて実感した出来事だったのですが・・・

毎週金曜日は生徒からの要望もあり、日本文化がらみのアクティビティの日にすることにしまして、
初日の今日のテーマは「おりがみ」でした。

しかし、私が受け持っているJapanese1のクラスは21人のメガクラス。

まともにやったら収拾がつかなくなるのは必至です。

というわけで考えたのがグループワークにして、そのグループリーダーにまずは技を仕込んで、彼らに各グループでレクチャーさせるということ。

我ながらいい考えではないかと思いました。

それで昨日(木曜)の麻の授業の時に
「折り紙のためのボランティアやってくれる人~?放課後来てね~」
と聞いたら、何人も手を挙げてくれました。

こちらも嬉しくなるような反応。

うきうきしながら放課後、教室で待っていました。

待っていました。

待っていました・・・

が、誰一人としてこなかったorz

自分でも意外なほど頭に来たのか、なぜか校長先生のところに文句をぶちまけに行く始末。

「まあまあ、ユリ、まずは座って・・・」
となだめられてしまいました(爆)

そうなのです、彼らはあくまで幼さの残る高校1年生。
しかもここは、ゆったりのんびりのマーシャル。

生徒にすっぽかされたこともショックでしたが、それよりこの程度のことで頭に来てしまった自分が情けない・・・

しかし、あくまで私は高校の教師としてここにいるのですから、しつけはしなければなりません。

校長先生のアドバイスも参考にして、今朝(金曜日)の授業でわたくし、啖呵を切ってやりました。
二カ国放送でお楽しみください(笑)

「おりがみだって?よくぞ聞いてくれたね。今日はやりませんよ。なんでかって?昨日の授業で、私が言ったこと覚えてないんですか?ボランティアお願いしますって言って、何人も手を上げてくれましたね。でも昨日の放課後は誰一人として教室に来ませんでした。わすれてたんでしょ?約束を守らないのはよくないことですよ。

Activity? Good question! I decide not to do origami today. why? Don't you remember what I said yesterday? Some of you guys raised their hands for volunteering, but none of you appeared yesterday after school. You completely forgot,right?I don't like the students who don't keep their promise.」

一同、はっとなって静まり返りました。
下手な英語でも、わたしはやる時はやるんです。

まあ、そうはいってもせっかく日本語や日本文化に対して高いモチベーションを持っている彼らがかわいそうなので、さらに一言。

「いいでしょう。2回目のチャンスを上げます。もう3回目はありません、つまりラストチャンスです。
今日のみなさんの様子を見て、月曜日に折り紙をやるか否かを決めます。ボランティアは今度こそ、今日の放課後に来てください。5人のうち1人でもかたら金輪際アクティビティはやりません。他のクラスはやりますが、みなさんだけは、楽しいアクティビティ、なしです。いいですね!?

Well, I'll give you the second chance, but there will be no more. This is your last chance. I'll decide whether we will do or not up to your behaviour during this class. And even one of volunteers don't come up this after school, you will never ever have chances to do that while other Japanese classes are having fun activities. Got it!?」

自分でもなかなかの迫力だったと思う。

今日の放課後はちゃんとボランティアみんな来たからね(笑)

あとは月曜日にこのグループシステムがうまくいくことを祈るだけ。
そして生徒たちが楽しんでくれればいいと思うだけ。

高校の日本語教師は、生徒のしつけも大事な仕事なのだと、改めて知った出来事でした。

by jpt-in-Marshall | 2012-08-31 18:33 | 日本語教育@マーシャル

ツイスターゲーム

e0248833_7412695.jpg

今回は授業の話。

やっとまともに1週間通しで授業をしました。

が、やはり今までの疲れが出たのか週の後半に少し体調を崩しました。幸い大事には至らず、今は元気です。
他の先生も熱を出したり、とやはりみなさんおんなじなんですね。

ちなみにCO-OPはマーシャルの学校の中でも先生の仕事が多いことでも有名です。
私のようなJOCV以外は結構いいお給料をもらってるそうです。
でもそれは妥当な金額なのでしょう。

あるアメリカ人の先生に言わせると「アメリカの学校で働くよりもHard workだよ」とのことでした。

さて、そんなわけで、私がこちらでのお仕事になれるのにはもう少し時間がかかりそうですが、まあ気持ちはシンプルに、あまり気負わず頑張りたいと思います。

今日の写真は、授業で色語彙を導入し、ついでに右・左・手・脚と併せて教えて、ツイスターゲームをした時のもの。

もちろんシートは手作り。大きい紙を3枚合わせて、折り紙を貼っていけば出来上がり。

生徒たちも大喜びでやります。

by jpt-in-Marshall | 2012-08-26 07:42 | 日本語教育@マーシャル

Outer Islands②Eneko

離島上陸第2段も仕事がらみでした。

先週から新学期がスタートしたのですが、始まってすぐハイスクールのリトリート、いわば1泊の遠足が催されたのです。
e0248833_7284686.jpg

私もCO-OPの高校の先生ということなので、引率に行きました。

EnekoはEnemanitよりもきれいで、感動。
いつかプライベートで来たいですね。
諸事情あって泳ぐことができなかったので、絶対にリベンジしてやる!!!

最初はだれがだれだかわからなかった生徒たちでしたが、2日間一緒に過ごしているうちにだんだん名前と顔が一致してきました。
e0248833_7294852.jpg

炎天下でのビーチオリンピックや夜の見回りも大変でしたが、意外と自由な時間もあってビーチで界やつるつるした石(サンゴ?)を拾ったり、本を読んだり、うとうとまどろんだりしてました。

一見すると怠け者先生?
いやいや、他の先生たちも生徒たちと海ではしゃぎまくってましたよ(笑)
疲れてしまった先生もひそかに休んだり。
e0248833_7332579.jpg

行く前は正直腰が引けていたリトリートですが(他にするべきことがある気がして)いざ行ってみたら結構楽しかったです

by jpt-in-Marshall | 2012-08-24 14:47 | マーシャル徒然

Outer Islands①Enemanit

話が2週間ほどさかのぼってしまうのですが、新学期が始まる前に新任の先生たちと在任の先生たちとの親睦も兼ねて日帰りで離島(outer island)へ行ってきました。

e0248833_18262.jpg


こちらではビーチに行ったり、日帰りで離島に行くことを「picnicに行く」といういい方をします。

そんなわけで、今回のpicnicの行き先は、ボートで30分ほどのEnemanit島というところです。

e0248833_1841730.jpg


こういったpicnicでは食事はもちろんですがお水もたっぷり持参します。

今回のお食事は持ちより(potluck)ということで、それぞれの特技を生かしたお料理が勢ぞろい

ちなみに私はサッポロ一番を使った、ヌードルサラダ中華風見を作りました。

ツナと醤油とごま油、そして中華のスパイス

なかなか評判がよく、ほとんどなくなりました。

さあ、泳ごう!と言いたいところですが、もう何年も泳いでいない私
しかもシュノーケル自体やったことのない私にそう簡単に問屋はおろさず
浅瀬で温泉気分でつかる程度

同僚の先生にフィンをお借りするものの、口だけの呼吸をずっと続けるというのに恐怖感を抱き、あまり先へ進めないというなんとも情けないありさま

しかも必需品をほとんど自宅に忘れるという間抜けっぷり

まあ、でもこういう失敗からいろいろ学ぶわけで、picnicに何を持参するべきか、といったことを知ることができて良かった

またシュノーケルのコツを校長先生に聞いてみたり、浅瀬で少し練習するといい、というアドバイスもいただき次こそはやってやる!と心に誓ったのでした。

by jpt-in-Marshall | 2012-08-17 18:10 | マーシャル徒然

授業スタート!

e0248833_1412230.jpg


Lauraのことが書ききれていませんが、昨日からCO-OPの新学期が始まりました。
やはり生徒で賑わう学校っていいものですね。また違った印象を抱き、新鮮な感じがしました。

しかし初日はHalf dayであるのに加え、HRだけだったので副担任をしている11年生のクラスの後ろに座っているだけだったので、消化不良な心持。

ただ生徒の様子を観察できたのは良かったのかも。
それから自分の英語の聴解力を鍛える上でもいい練習になりました。

そして今日から授業開始。

Ms.YuriによるJapanese1~3の授業が行われましたよん。

Japanese1のクラスは、主に9年生でなんと18人。欠席者もいたので増える可能性大

Japanese2は欠席者も多く6人とこじんまりとしたクラス

Japanese3はすっかり顔なじみになった11年生が9人ほど。学習歴もあり少しは日本語が入ってるなと言ったところ。

最高レベルのJapanese4のクラスの授業は明日あります。
楽しみですね。

ここのところテンションの浮き沈みが激しく、自分でも本領発揮してないなと思っていたのですが、授業をしたことで久々に「あ~、わたし本当に楽しんでる!!!」と心から思えました。

レッスンプランを立てたり、教材を作成したり、授業をしたりするのは決して楽ではありませんが、私はこう言うのが好きなんでしょうね。

e0248833_1415665.jpg


最初は私も彼らのレベルを見極めたいのと、休み明けから勉強したくないという生徒たちの本音を察して、icebreaking session的な活動をしばらくは進めたいと思っています。
来週は面接やニーズ調査も行う予定。

写真はJP2のクラスで私への質問を日本語で書いてください、というグループワークをした時のもの。

板書してもらって文法の再確認をしました。

力の差や定着しきれていない部分など気になる点はありますが、あまりそういうところばかり見ていても先に進めないのでどこかで見限らないといけないですね。

まあ、一番大切なのは私が楽しむこと。
自分がわくわくしないことを生徒にやらせないように努力しよう。

by jpt-in-Marshall | 2012-08-14 14:05 | 日本語教育@マーシャル

野菜料理教室@Laura

赴任先に入って11日目。
昨日もオリエンテーションがあったのですが、JICAの総会があったためお休みをしました。

久々に英語を忘れられる環境、ということで数日前からウキウキしてしまうというありさま(笑)

総会ではドミトリーの使用についてや安全管理、歓送迎会の幹事、委員会メンバーの再編成などについての話し合いの後は、隊員による中間報告会が行われました。

先輩たちの活動の様子が見てとれて、正直英語漬けのオリエンテーションに辟易して後ろ向きになりがちだった自分にとって大きな刺激になりました。
「がんばろう!」という気持ちにさせてくれました。
総会の後は同期隊員と私のための歓迎会@中華レストラン
JICAメンバーだけではなく、日本大使館や日系企業(MJCCです^^)の方もお越しくださるという、かなり大がかりなものでびっくり!

しかしながら、なんと私、支度やら何やらで30分の大遅刻

ありがとうございますという感謝の気持ちとともに、大変申し訳ありませんという謝罪の気持ちが入り混じった者になりましたが、既にMarshallese Timeに同化しているということでご容赦ください。


さて、前置きが長くなりましたが、写真はローラでの語学研修中にファミリーの女性一同を集めて野菜を使ったお料理のレクチャーをした時のものです。

e0248833_1334464.jpg


前回の記事にも書きましたが、Lauraでは野菜を育てている割にマーシャル人は野菜を食べないのですが
その理由として料理の仕方がわからない、というのがあります。

語学の授業の時にも先生と「ダイコンはみそスープにするとおいしんだ!」と私が熱く語るものだから、
「じゃあ教えてよ」ということで同期隊員と街中へ買い物に出かけ、ほんだしやもやしやにんじんやら海藻サラダやらを買いこみ、お料理教室をすることに

味噌が手に入らなかったので味噌汁の代わりに、おすまし(おすいもの)を作ることにしました。

ほかにも野菜の和え物も作りましたよ。

e0248833_13384947.jpg


海藻サラダなんて初めて目にするようで、興味津々で見てました。

出来上がったお料理でランチ会。

「Enno!(おいしい)」と言ってもらえて嬉しかったです。

Lauraではダイコン(日本のよりもはるかに短いですが)やインゲン、トウモロコシ、なす、キュウリなどを育てています。

それらを現金収入の元手にするだけではなく、ぜひとも料理方法を覚えて健康管理の一環として使ってもらえたらと思いました。

最後に手作りの「Vege-Cooking Book」をプレゼントしました。

作ってくれてるといいなあ・・・

by jpt-in-Marshall | 2012-08-11 13:43 | マーシャル徒然

Lauraでの語学研修

e0248833_17384678.jpg

前のことになりますが、7月の第2週目の火曜日から31日までLauraというダウンタウンがあるサイドとは反対側にある郊外の村?のようなところでホームステイ&マーシャル語語学訓練がありました。

人生初のホームステイです。

準備時間を与えられてはいたものの、何を用意したらいいのか正直わからなかった私。

大きいペットボトルのお水とパン、オレオ、健康面を考えてライ麦パン、バナナを持参しました。

が、結果的にこれは失敗で、私は冷蔵庫が使えなかったため、すぐにカビが生えてしまったのです。

健康的には良くないのですが、クラッカーとかクッキーのほうがいいのかも。

さて、この旨も高なる語学訓練&ホームステイですが、結論から言うといろいろな面でつらかったです。


何がつらかったかと言うと・・・

①食事:
Lauraはマーシャルでも珍しく野菜を育てるFarmがあります。
が、住民はほとんどそれを食べることなく、スーパーや中華レストランに売ってしまうのです。
「どうして?」と尋ねると「野菜の料理の仕方がわからないから」という答えが返ってきます。
マーシャルの人は古来、シーフード、ココナッツ、メ―(パンの実)、パンダナス、タロイモを食べて生きてきました。

しかし、日本統治時代にはお米が、アメリカの信託統治時代には缶詰フードが入り、すっかり彼らの食事は様変わりしたのです。

一般的なマーシャル人の食事は、ご飯+コンビーフORスパムです。
朝からパンケーキやラーメンが出るのにも閉口しました・・・
Lauraではパンの実が出ることもありますし、ココナッツジュースを飲んだりすることも頻繁に有るのですが、野菜はあまり出ません。

いい悪いという判断はしないことにしますが、健康のため、ダイエットのため、食事に気を使って玄米食やマクロビを取り入れていきた私としてはこれが毎食3回出されるのはつらかった。

まともに食事を取るのは昼だけというライフスタイルが定着していて、KTCでもそれを貫いたけれど、Lauraでは人様のお宅に厄介になっているので、そんなことは言ってられない。

食事のコントロールができない、というのが本当につらかったです。
食事を出してもらえるのがありがたいことなのだから、という前提があるのでなおさらです。
途中、胃を壊しました・・・

②厄介者

人様のお宅に厄介になるって、本当に心身ともにストレスがたまりました。
というのもこちらは決して大きくないお家に大家族で暮らしているのです。
そんなご家庭にJICAボランティアということで一人部屋をあてがっていただく、しかも食事も3食出さないといけない、これはホストファミリー、特に家事やたくさんの子供の世話をしている女性陣にとってはかなり大変なことだったと思います。
私たち自身、ホストファミリーのお母さんたちにストレスがたまってきている、ということが分かったので、申し訳なくてつらかったです。

男性陣は「何でも頼んでね、好きなように過ごしてね」と言ってくれますが、基本働いてるのは女性です。
女性の気持ちや意見を無視して、いろいろお願いしてしまうと嫌われるでしょうね。

③犬

今はずいぶん慣れて気にならなくなってきたのですが、運動のため、探検のためにLauraを歩いていても、犬にほえられたりすると怖いのです。
特に最初の頃、一人で歩いていた時に興奮した犬2匹に吠えられた時は、石を投げるふりをしたりしましたがあまり効果がなく、寿命が縮んだ・・・

幸い近くにいたマーシャル人のおばちゃまが助けてくれたので、ことなきを得ましたが。

運動不足にはなりたくないから歩きたいけど、犬が恐くて・・・という日本では味わうことがなかったストレスを体験しました。

今では慣れたし、あまり警戒してると向こうにも伝わって、逆効果なので注意しつつもスル―する感じで歩けば問題ないというのがわかったので、平気です。

ま、こんな感じです。

さらに4つ目をあげるなら、電気も水道もあって、食事もちゃんと出していただいてたのになんてことを!
もっと大変な状況の中で生活している人たちや、活動をしている隊員もいるのに、我ながらこの程度のことでへこたれている自分が嫌になりました。
語学訓練の先生もホストファミリーもLauraの人たちもいい人たちばかりだったし、面白い体験もたくさんさせてもらったのですが、
「Lauraはどうでしたか?」と聞かれると、私は素直に「すごく良かったです」と答えられない。

自分の弱さをつきつけられた感じでしたね。

やたらとKTCの仲間のことや、今まで出会った人たちのことを思い出したり、夢を見たりしました。
心が現実逃避していたんでしょうね。

多分、そういうのもひっくるめての訓練だったんでしょうね。

でも同じ過程に3週間のホームステイはどうなんだろう。

本当は2週間Lauraにステイして、最後の1週間は離島のジャルートというところに行くはずだったのに、ローカルエアラインが運航しないために3週間Lauraということになった、といういきさつがあったので、期間的にはちょっとオフィスに聞いてみようかな、と思ってます。

3週間、何度か体調を崩したり、ビーサン擦れが悪化してしまったり、と結構体の面でもいろいろあったので、大変でした。

まあ、そこで自分自身と向き合うことができたり、学んだこともたくさんあったので貴重な体験でした。

海外で暮らして、仕事をするって大変なことなんですよね。
言葉では簡単に語ってましたが、いざ実践するとなるとそれは全く異なることです。

マーシャルに来てから強く思ったのは、今まで教えてきた留学生たちは、本当に偉かったな、ということ。
それを思うと正直泣けます。

そんなこんなの語学研修でした。

多分しばらくはこんな風にたくさんの壁にぶつかっては、たくましくなっていくんだろうな。

Lauraでお世話になったDavid先生、Juliana,Bubu,Iriana,そして良く通ったフィリピーナのミニストアのオーナー、日系のOさんご夫妻・・・数え切れない人たちにお世話になりました。

Konmool tata!!!

by jpt-in-Marshall | 2012-08-05 17:38 | マーシャル徒然

ついに赴任先へ、そしてマーシャル買い物事情

みなさま、ご無沙汰しております。3週間のLauraでの語学研修を終えて、昨日Delapにある赴任先へやってまいりました。

赴任先、CO-OP High Schoolはマーシャルの中でもトップレベルのインターナショナルスクールでして、
そこで私は第2外国語である日本語の授業を担当するのです。

Lauraでの語学研修についてもいろいろ書き綴りたいのですが、それはおいおい・・・


昨日と今日は新生活のためにいろいろと買い物をしました。

心配していた野菜は以外にもいろいろ手に入ります。

私が買った野菜は・・・

ジャガイモ
玉ねぎ
キャベツ
もやし
ゴウヤ(隣国ミクロネシアのコスラエ産)
かぼちゃ
トマト
大根(日本の3分の1くらいの大きさです)

他には生活用品を購入

バケツ
ほうき
ジップロック
保存用コンテイナー
(野菜や作ったおかず、スープを冷凍保存できる)
ヨガマット(これ、大事)

他に日本のものを売るMJCCというお店があるのですが、そちらでもいろいろ購入

本だし
柴漬け
みそ
うどん

残念ながらマーシャルは物価が高いです。

それでも野菜をLauraで作るなどして地産努力が近年進んでいるようで、ローカル産の大根やインゲンなどは安い方です。

Lauraですっかり太ってしまったので、野菜を中心とした少食生活&運動で体を絞り、健康的なは隊員生活を送りたいと思います。

by jpt-in-Marshall | 2012-08-01 18:29 | マーシャル徒然