人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:出会い@マーシャル( 17 )


日本食体験

e0248833_446876.jpg

前の記事にも書きましたが、いつ停電になるかちょこっとびくびくしながら生活していますが、それでもマジュロ生活を楽しんでいます。だって最後なんだし。

最近私は台湾人と仲良くなりました。前からの友人もいますが4月に医療関係でやってきた二人の人たちとも急接近。ひょんなことから彼らに週に2回日本語を教えることになったのです。

それから学校の授業が終わって、JICA事務所で事務作業をすることが多くなりそうなるとナショナルスタッフ(マーシャル人)とよく話すようになり、結構楽しい日々を送っています。
e0248833_4434088.jpg

そんなわけで週末に日本人、台湾人、そしてマーシャル人とでお食事会をすることに。場所は某シニア邸。外国の方をご招待ということで日本人サイド、張り切る。関西出身の隊員がいたことから関西風お好み焼きを作ったり、山形出身のシニアが郷土料理を作ってくださったり。そして台湾人も魚の煮つけ、粽を持ってきてくれました。マーシャル人はというともちろんローカルフードのパンプキンキャレル(かぼちゃのココナッツミルクソース和え)をご持参。
e0248833_4445699.jpg

e0248833_4453299.jpg

どれもとってもおいしくて、楽しいごはん会となりました。

で、終わると思ったら大間違い。

終盤に差し掛かったところで電話が鳴りました。
停電の影響で、延期に延期を重ねた世界環境デーのイベントで配るごはん(マーシャルでは大事)づくりを食事会参加者全員でお手伝いすることに。おにぎりを、ということで台湾組はなんと1日に2品も日本食のつくり方を学ぶことができたのです。みんな楽しそうに握っていました。
e0248833_4464272.jpg

私はほかの日本人やマーシャル人とチャーハンを大量生産。マーシャル人、なかなかの手さばきでした。

停電騒ぎでいったい何が起こるかわからない日々。ちょっと疲れたけど予測不可能な出来事があってかなり面白かったです。

by jpt-in-Marshall | 2014-06-11 04:47 | 出会い@マーシャル

Graduation

e0248833_108436.jpg


時は巡り2度目のCOOPの卒業式を迎えました。さっき去年の卒業式の記事を読み返して、本当に1年間はあっという間だったなあ、と感慨深いものがありました。活動2年目は時がたつのがウソみたいに速いとはよく言われていますが、本当にその通りですね。

今回の卒業生は私が赴任してから丸2年教えてきた生徒たちが多いので、なおのこと思い入れがあります。
e0248833_1083412.jpg

名物R君は暑いだろうに襟付きシャツと酋長のようなマルマル(ネックレス)で貫録たっぷり。
e0248833_1011404.jpg

去年と同様10人を少し越すくらいの卒業生というわけで、こじんまりとしていて且つ丁寧で温かみのあるいい卒業式でした。在校生もおそろいのユニフォームを着て、卒業生を送り出します。
e0248833_1091823.jpg

そしてアメリカンだな、と思わせるのがこれ。帽子を空に投げる場面。プログラムでは”Graduate tossing of the caps” となっています。

e0248833_1094979.jpg

晴れやかな笑顔の卒業生たちを待ち受けていたのは、恐怖?の地蔵化。みんなが卒業生にレイをかけるのです。
e0248833_10102314.jpg

中には写真入りのパネルまで作って、なんだか卒業式なんだか選挙なんだかよくわからなくなってきて笑えます。

この国では高校を卒業するというのはとても大きな意味を持つといいます。子供の数は多いのですが、みんながみんな学校に行くわけではないし、高校に入っても中退してしまうことも多々あるのです。私が日本語を教えていた卒業生たちの殆どがこれからアメリカのハワイやコネチカットの大学に進学します。慣れ親しんだ学び舎を巣立って、新たな旅立ちですね。

おめでとう。Jeranman!

【おまけ】
うれしかったのが、去年教えていた生徒たちに会えたことです。今はもう日本語ではなくスペイン語を勉強しているそうですが、
「ヨ・ソイ・ルラニ・です、って、スペイン語の文章なのに最後に「です」をつけちゃうんです~ついつい」とちょっと混乱してるようでした(笑)

by jpt-in-Marshall | 2014-06-01 10:11 | 出会い@マーシャル

Jazzyな朝

e0248833_643950.jpg


4月30日の朝、いつものように8時ごろから授業が始まるまでの10時まで、私は教室で授業の準備をしていた。するとどこからか、Jazzの調べが。マーシャルでは耳にすることはないトランペット。(ウクレレやギターはよくあるけれど)あれ、あれれ?と思って音のもとをたどると、それは別の教室から聞こえてくるではありませんか。12年生のContemporary Lovingのクラスにアメリカ人のゲストが来ていて、その彼がトランペットを奏でていたのです。

久々のJazz。以前Jazzをよく聴いた時期があったのですが、マーシャルにJazzをあまり持ってきていなくて(Bill EvansのCDだけ)、ちょっとグルービーでいて、不快感のない音が恋しいなということがあったのです。バド・パウエルの“クレオパトラの夢”とかデューク・エリントンのピアノとかがあったらいいなあ、なんて無性にJazzが聴きたくなってしまってます。

それにしても生演奏を聴くって、素敵なことですね。生演奏をバックに仕事をする。なんて贅沢な朝でしょう。予期していなかったからなおさら、降ってきたような幸運のおかげで、朝からいい気分になれました。

また、このクラスを受け持っている先生が実はミュージシャンで、彼女のギターとゲストのトランペットのセッションもよかった。

ちなみに、4月30日は国際的なジャズの日なんだそうです。

by jpt-in-Marshall | 2014-05-02 06:04 | 出会い@マーシャル

月夜のココナッツ

e0248833_1127916.jpg

日本語教師隊員にとって最大のイベント、日本語スピーチコンテストを明日に控えております。
その他にも色々やることが多かった4月。いっぱいいっぱいの一か月を過ごしてきました。

が、ちょっとばかし、小休止ということでブログを書いています。

今日はあるお買い物をしました。
写真の絵です。

実はこれ日本語クラスの生徒による作品なのです。

彼女が絵の上手な子だということは前々から知っていたのですが、先日マジュロで年に2回開催されるアートイベントで彼女の絵を見て、一目ぼれ。
海に浮かぶ満月。夜空にそよぐココナッツの影。
どこか神秘的なその絵を日本に持って帰りたくなって、気がついたら買うことに。
残念ながら展示されていた絵はすでに売れてしまっていたので、改めて彼女にオーダーして描いてもらうことに。

それが今日、やっと手元にやってきたというわけなのです。

そろそろ帰国の日も近づいていて、マーシャルから何を持ち帰ろうかな、なんて考えだす時期でもあり、
やはりアートの才能のあるマーシャル人の作品を持って帰りたいと思っていました。
一つはやはり、アミモノ。これは外せません。すでに大量に購入済み。

そしてアート。
絵が欲しかったのですが、一応ボランティアの身なので予算が限られるのと、大きすぎると持ち帰れないので手ごろなものを探していました。それに自分が気に入るか否かが大事ですからね。

今回、ひょんなところで素敵な作品、しかも自分の教え子の物が見つかって幸せな気分です。

仕事に忙殺されて、すっかり自分自身は何も表現できないでいますが、人様の芸術的感性に触れるのはいい刺激になります。

とにかく、いいお土産が手に入ってよかった。

忙しくストレスフルな日々に、ささやかな癒し。

by jpt-in-Marshall | 2014-04-25 11:37 | 出会い@マーシャル

Jelukun bwebwe!

先週金曜日。成績表が配られる三者面談最終日。これさえ終われば春休み~てなわけで、みんな若干テンション上がり気味。

そんな中、Office managerのR氏が誕生日を迎えました。アメリカ人の彼は去年の8月に家族とともにアラスカから移住してきたのです。奥さんは中学校の先生。R氏とは顔を合わせたらちょっとしたおしゃべりをする仲。なぜか彼はアベノミクスだとか本音と建て前だとかを知っているという微妙な日本通。

正直でフレンドリーな人柄なのでマーシャル人にも大人気。特にTAの女性陣からは常にいじられています。

そんな女心をくすぐる(笑)R氏の誕生日。どこからともなくマーシャル特有の地声のハーモニーが聞こえてくるではありませんか。
e0248833_9113621.jpg

「誕生日おめでとう!Jeraman!」

最後はなぜか誰かが持っていたスピーカーでダンスパーティー。

R氏も「踊る阿保に見る阿保、同じ阿保なら踊らにゃ、損、損!」とばかりに、アメリカで鍛えた?グルーブでダンスに参列。
e0248833_9121152.jpg

TA、血迷ったのかゴミ箱を持ち上げて太鼓代わりに叩き出しました。
(もちろん中身が入っていました)

Jelukun bwebwe!!!(私たちって、おばかさ~ん♪)

とばかりにみんなで爆笑しながら踊り狂ったのでした。
e0248833_9124398.jpg

画像左下に小さい女の子の姿が見えますが、これはR氏の次女。Crazyなマダム達にすっかりおびえてしまった様子。「いつものパパじゃない…(泣)」

え?私はどうしたかって?
それは内緒。

by jpt-in-Marshall | 2014-03-31 09:12 | 出会い@マーシャル

魔法にかかったタデオ君

e0248833_16503568.jpg

チェブちゃんそっくりなタデオ君は2歳の男の子。
わたしを見かけると満面の笑みで手を振ってくれるの。

でも見かけるたびに何か食べてるの。
e0248833_16511631.jpg

魔法の赤いアメダマ、ロリポップ。
e0248833_1652188.jpg

ん~おいち~~
うっとり

e0248833_16523390.jpg

あ、あれ!?
なんか、体がおかしいぞ!?

きららん☆きららん☆きらきらり~ん★~♪
(変身ヒロインものの変身シーンの音楽をご想定ください)

e0248833_16545969.jpg


「僕はタデオです。」
体は2歳、心は25歳の青年に。
「ユリさん、僕と・・・」

e0248833_1658078.jpg

*今回は小休止もかねて、フォトストーリーを作成してみました。
今すっかりはまっている近所のラカトゥ、タデオ君(2歳)です。
わたしを見ると満面の笑みで手を振ってくれます。
この間はほっぺにウンマ(キス)をしてもらい、すっかり幸せ気分に。

by jpt-in-Marshall | 2014-01-23 16:57 | 出会い@マーシャル

またまたRita jambo

e0248833_18204250.jpg

クリスマス休暇シーズンは日本からお客様がいらっしゃる時期でもあります。とはいっても私のお友達はマーシャルに遊びに来てくれません(涙)確かに航空運賃高いしね。時間もかかるしね。
そんなハードルを乗り越えて、日本的時短休暇でマーシャルにお越しくださるお客様。たとえマジュロ市内だけの滞在であってもいろいろ楽しんでいただきたいものです。
エネコでの海水浴もよし、ローラへ行って静かなローカルライフを垣間見るのもよし。しかし私はあえてリタでのフォトウォークをお勧めいたします。
e0248833_18215048.jpg

リタはダウンタウンから島の先端の一帯でマジュロでもよりローカル度が高い地域です。

今回も近所の住む隊員仲間のお友達が日本からいらっしゃるということで、わたくし自らリタ案内人を買って出ました。

集合はMIHS。以前の記事にも書きましたが、こちらは壁画が見事なアイランドライフを見せてくれます。

そのままメインストリートの裏道を進みます。日差しの強い昼下がり、町は午睡モード、と思いきや意外と人がいるものです。
e0248833_18232312.jpg

子供たちはいつでも元気。ウクレレを一人前に弾きこなしています。

お水を買おうとスモールストアに入ったら、「コンニチハ」が聞こえてきました。
e0248833_18251051.jpg

彼女はお父さんが日本人。親切にしてくれました。
e0248833_18263194.jpg

今回はYokwe~と言いながら、人様のお宅のお庭に突撃。何やら楽しそうに遊んでいると思ったらトランポリン!歳を忘れて一緒に跳んでみたりしました(笑)
e0248833_18273358.jpg

お庭掃除をしているご家庭のところに見事なバナナの木があったので、写真を撮っていたらなんとココナッツの差し入れが!
見ず知らずの私たちにさらりと分けてくれる優しさがマーシャル人にあります。
e0248833_1829740.jpg

こちらのお母さん、日本人とわかるとなぜか「ヨロシイ!」

Kakije(休憩)もかねて座ってココナッツジュースを飲むことに。しかも別の人の敷地内で。もちろん挨拶とブエブエナートは忘れません。
e0248833_18301478.jpg

こちらのおちびちゃんは警戒気味。午後の陽ざしは頭が痛くなるほど強いのですが、木陰はいい風が吹いて涼しいのです。こんな時間に何が悲しくてあくせく働かなくちゃいけないんだ~~~という気持ちになるのも無理はありませんね。

メインストリートを散策。ちょっと素敵なスモールストアによったり、ワンダラーストアー($1ストア)を物色したり、店番しているイケメンを拝みに行ったり(笑)。1時間ちょっとのお散歩でしたが、前回よりもマーシャル人と触れ合えた実り多き?フォトウォークでした。いい写真が撮れて、ilukun monono!(うれしい)

by jpt-in-Marshall | 2014-01-11 18:32 | 出会い@マーシャル

似てる!

先日、教室で作業していたらふらりと近所の子供がやってきました。

うちの学校はフェンスで完全に囲われていないので、普通に近所の人の通り道になっていたりする。グランドでわんこが用を足している姿もよくみられる光景。そういう時、本当に気持ちよさそうな顔をしてるんですよね…ってそれは置いておいて、そんなわけで、開放的なわが校にはよく近所の子供が遊びに来たりします。

この日もドアのところに人影が二つ、と思ったらなんとこんなにかわいい子が!!
e0248833_70831.jpg

初めて見る顔です。

すんごくかわいくて、思わずシャッターを切ってしまいました。
e0248833_744989.jpg

おめめくりくり、まつ毛もロングカールで、ビューラー&マスカラ要らず。

お姉ちゃんと思しき女の子をどけて(ひどい私)ソロで写真撮影。最初はちょっと不機嫌な感じでしたが、
e0248833_705126.jpg


慣れてきたのか、素敵な笑顔を見せてくれました。
e0248833_711887.jpg

見れば見るほど、似ているあの方に。

そう、私の相棒、チェブラーシカ。
e0248833_733784.jpg

(画像拝借しました)

私のチェブ狂いは日本の友人の間のみならず、駒ケ根訓練時代も、そして子コマーシャルでも知れ渡っております。

だって、かわいいんだもん。

すっかりお気に入りのこの男の子。名前も聞いたけど忘れた。いいの、私の中では「マーシャルのチェブちゃん」だから♡

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、このブログのプロフ画像もチェブちゃんです。
iPod touchの待受もソロの写真にして、毎回癒されている私なのです。

by jpt-in-Marshall | 2013-12-18 07:04 | 出会い@マーシャル

マーシャルの愉快な協力隊仲間たち

今日はとっても愉快な協力隊仲間@マジュロをご紹介します。

マーシャルの隊員は、ほかの国とはことなり首都に隊員が固まって活動しています。
かつては国内線の飛行機がコンスタントに運航していたこともあり、離島隊員もたくさんいたのですが、現在はエアマ()の運航が不安定であるため、派遣先の9割が首都であるマジュロになっています。

マジュロも決して大きいとは言えない島なので、普通に買い物に出かけても誰かしらに遭遇することがよくあります。

そんなわけでマーシャルの隊員たちは仲良しで、週末はよく集まっています。

もちろん日本人だけでつるんでるかというと、それは人によるわけで、それぞれがマーシャル人、あるいは外国人とつながっているため、ネットワークも広がるというおまけもついています。

それぞれ強烈な個性を持った、楽しい仲間たちです。
e0248833_12104798.jpg

写真は先月、ある隊員に会いに来たパラオの看護師隊員を囲む「私のために」会。
マーシャル隊員、見事に黒いですね。

今週金曜日も新隊員さんの歓迎会で集合します。

*写真はM女史の提供によるものです。

by jpt-in-Marshall | 2013-04-23 12:11 | 出会い@マーシャル

われらが誇るCO-OPの食堂のおばちゃんたち

e0248833_332466.jpg


さて私の赴任先についてですが、半年もたてば当初抱いていたカルチャーショックや語学の壁も和らいできて、というか自分が慣れてきた&わからなくても困るところと困らないところの区別がつくようになった(単に語学云々の話ではなく、アメリカ人の先生同士でも理解不可能な時も多々あるらしいと分かったので、安心。笑)ので、改めて赴任先のいいところも見えてきました。
いまだ記事にできていませんが、日本祭りのときにもいろいろ協力していただいたし、日本語教育に関しても好意的に見てくれています。まあ、そんないいところ、私が好きなところをこれからもつづっていけたらいいなと思うのですが、今回は私の大好きなキッチンスタッフについて。

赴任先のCO-OPはアメリカンスクールなので、先生たちはほとんど欧米人。そのほかフィジー人、韓国人の先生がいますが、マーシャル的な環境とは程遠いところにあります。それもTA(アシスタントティーチャーってやつですね)とカフェテリアのキッチンスタッフはマーシャル人が多いので、欧米人の先生といるよりかは彼女たちと一緒にいることが多かったりするわたし。特にキッチンスタッフのヘッド、アナリサは明るくて私のことも気にかけてくれる優しいお母ちゃんです。
いつもとちょっと違う装いをして歩いていると、キッチンカウンターの奥から
‘Yuri! Itok!!!(おいで!)’
とアナリサに呼ばれ、何だろうと思っていってみると
‘Lukun likatu!!’(今日、すごくかわいいわよ)と言ってくれたりします。

台所の長、アナリサ女史

e0248833_3313320.jpg


写真を撮ろうとしたら、見事このお顔。

CO-OPのランチはそんな素晴らしきキッチンスタッフが作るのでおいしくないわけがなく、いつも素晴らしいメニューです。

月曜はパスタ系、
火曜はツナカツ、
水曜はチキン(ベジタリアンメニューを食べることが多い私)、
木曜はほかの何か(笑)、
金曜は子どもたちが喜ぶハンバーガーやホットドッグ、
そして月に一度はピザとアイスクリームが提供されます。ピザはもちろんスタッフが生地から作る本格派。これが本当においしいのです。この日はそんなお楽しみのPizza Day!!


ほかにもリグウル(ココナッツミルクにスポンジ状になったココナッツが入ったもの)、ローカルチャシミ(ココナッツミルクとライム出会えたローカル刺身)やブイローなどのローカルフードが提供されることもあります。

おかげで平日のお昼は自分で作らなくてよいというありがたいことになってます。

キッチンスタッフは私のへたなマーシャル語に付き合ってくれる唯一の存在。みんなともっと話ができるようにマーシャル語の勉強も頑張りたいです。

by jpt-in-marshall | 2013-02-22 03:34 | 出会い@マーシャル