人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:協力隊受験@2011夏( 3 )


協力隊受験までの2年間

e0248833_675862.jpg


かなり前に協力隊受験を決めた理由を書きましたが、今回は決心から受験までの約2年の間にやっていたことを(覚えている範囲で^^;)綴っていこうかと思います。

協力隊を受ける、と決めてちらほらと周囲に緩やかな(!?)宣言をし始めると不思議なもので協力隊OB/OGがここにも、あそこにも、という感じで集まってきたのです。ご縁の不思議さですね。

協力隊OGで且つ、SVで日系ボランティアで行っていた同じ職種の方とお友達になったので、その方にいろいろお話を伺いました。活動のこと、赴任先のことはもちろんですがもちろん試験のこともばっちり聞いておきました。

それから外せないのが説明会ですね。ホームページにスケジュールがあるのですが、その中で自分の希望職種のOBOGがいらっしゃる日程を選ぶといいと思います。私自身も日本語教師OBOGが数名いらしたときの説明会にでました。場所は確か秋葉原だった気がする。協力隊そのものだけではなく、その職種の活動が具体的にどんな感じなのか、またどういう方がいらっしゃったのかがよくわかるのでとてもよかったです。その時にもらえるパンフレット(募集要項)にもしっかり目を通しておくのも大事ですね。

また日本語教師の場合は1次試験が書類とウェブ試験だったので、ネットを駆使して過去のウェブ試験を探したりして、自分なりの答えを作る作業も行ってました。
もうひとつ大事なのが語学試験ですね。私は協力隊のためというのとは別にTOEICのスコアを上げたかったので、TOEICの勉強と受験を済ませある程度納得のいくスコアが取れたのでそれを受験の際に使用し、語学免除となりました。受験までに時間がある方は語学対策をしておくといいかもしれませんね。また、個人的に興味もあったので生け花のおけいこも始めました。こういう日本伝統文化の「芸」は、日本語教師という職種に関係なく、海外でも役立つと思うので、準備期間に何かやっておくのも手です。

こうして書いてみるとしっかりやっている人のように見えますが、実際に動いたのは「時々、おもいだしたように」という程度です。仕事もしていましたし、ハードな仕事を抱えていたので常に何かをしていたわけではありません。社会人であれば当然の状況ですが。

そうこうしているうちに月日は過ぎ去り、気が付いたら「そろそろ受験を」という時期になっていたので改めて募集要項を取り寄せて、応募書類を用意して、健康診断もして投函。

協力隊への第1歩を踏み出したというわけなのです。
最後に「なんで受験までに2年かかったの?」ということなのですが、仕事と家庭の事情が理由です。その話を人にすると「2年か、長いね…」と言われたものですが、実際に2年間というのは仕事や上述の準備をしていたらあっという間に過ぎたというのが正直なところです。特別待たされる苦痛を感じたということもありませんでした。待たされるのには慣れておいたほうがいいですからね、途上国に行く場合には(笑)。石の上にも三年とは言ったものです。

by jpt-in-Marshall | 2013-07-14 06:08 | 協力隊受験@2011夏

協力隊受験を決めたワケ

そういえば、来月で駒ケ根訓練所の訓練から1年になります。

月日が経つのは本当に早いものですね。

マーシャルに来てからずっと目の前のことでいっぱいいっぱいになっていましたが、生活にも慣れてきて、また春休みも始まることから、ちょっと昔話をシェアしようかなという気持ちになりました。

考えてみれば、このブログには協力隊受験@2011というカテゴリーがあるのですが、アップしたのは「合格祝い」の記事のみ。協力隊受験を考えている方には全くもってお役に立たないカテゴリーになっていました。
そんな反省もあり、協力隊受験を決めた経緯から、当日のことなどをつづっていこうかと思っています。

私は長いこと日本国内で日本語を教えてきました。本当は2,3年経験を積んだら海外へ~と考えていたのですが、家庭の事情もあり海外遠征の夢は先延ばしに。そしていざ海外へ、となった時やはりネックとなったのは待遇のこと。日本語教師の海外求人はネットで探すことができますが、個人で契約を結ぶとなると決して待遇が良いところばかり、というわけにはいきません。日本語教師の待遇には散々苦しんだ今となっては、セキュリティー面でもヘルス面でも金銭面でもある程度しっかりしたところで、日本語教育に集中したいと思いました。

そんなときに私はある人と再会したのでした。
それは養成講座時代のクラスメートで、資格を取ってすぐに協力隊でカンボジアへ教えに行ったOGでした。
養成講座時代は協力隊と聞いても正直ピンときませんでしたが、なぜか彼女と再会をして協力隊の話を聞いて興味を持ちました。リサーチをして、要請の内容を見てみると、通常の求人ではなかなかあがってこないような大洋州の学校などが魅力的でした。

リサーチを始めてから約2年たった2011年の夏、私は協力隊の試験に臨んだのでした。ありがたいことに合格をいただき、今こうしてマーシャルにいるわけなのです。

リサーチをしていた2年間、何をしていたかはまた次回にでも。

まずは簡単ないきさつを書いてみました。

写真は何年も前に教えていた学生たちとの送別会、ていうか飲み会(笑)

e0248833_1227599.jpg


by jpt-in-Marshall | 2013-03-28 12:27 | 協力隊受験@2011夏

合格祝い

協力隊の受験時の心構えなどの記録を簡単にしておこうとこのカテゴリーを設けたのですが、
記念すべき第一号の投稿記事が「合格祝い」ってなんかなぁ・・・(笑)

ま、ま、ご勘弁くださいませ。

e0248833_843229.jpg


昨日は友達が6人集まってくれて、表参道のしゃれたイタリアンでお祝いをしてくれました。

写真はお祝いでいただいたプレゼントです。

先月は誕生日だったこともあり、誕生日のお祝いも微妙に兼ねていた?のです。

我が愛するチェブラーシカグッヅ。

そして両手いっぱいの花束

考えてみればこんなに大きな花束をいただいたことって、小学生の頃のピアノの発表会以来なのでは?

とっても嬉しかったです^^

e0248833_8505859.jpg


お料理もワインもとってもおいしかったです。

e0248833_8513576.jpg
e0248833_8515983.jpg
e0248833_8522629.jpg
e0248833_8525371.jpg


Dolceはショコラモンブラン
これが絶品でした。

6時過ぎに入店し、10時半くらいまでぶっ通し4時間マシンガントーク&爆笑の嵐

一夜明けた今日ものどが枯れ気味です。

本当に楽しくて、家族のようで、ずっと一緒にいたい気分になるお仲間です。

そんな方々に出会うことができ、このようにお付き合いさせていただき、
且つお祝いもしていただけて、本当に嬉しいことです。

感謝~

コンモール・タタって感じですね^^

by jpt-in-Marshall | 2011-10-17 08:55 | 協力隊受験@2011夏