人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Love? letter from RMI

いまさらですが、RMIとはマーシャル諸島共和国(Republic of the Marshall Islands)のイニシアルです。

そのRMIから実は結構前にお手紙が届いていました。
e0248833_18363670.jpg

差出人は私の後任の先生。

授業で習った文型で私にお手紙を送るという粋な計らい。

思えばこの人たちは全くゼロの状態からひらがなを勉強し、ぶーぶー文句を言いながらカタカナへと歩みを進めてきました。
今はもう漢字に入ってるのかな?

生徒の何人かとは今でもFBでつながっているので、さほど距離を感じないものの、やはり南の島での2年間が夢の中の出来事のように思えてしまうのです。

そんな私ですが浦島太郎状態から完全に回復していないまま、社会復帰をしております。
実は先週の木曜日からフルタイムでアルバイトしています。
勤め先はマーシャルにいたころから覗いていてあこがれていたウェブショップモール。
扱っている品物がソーシャルプロダクト(フェアトレード、オーガニック、エシカルファッション、地域振興、復興支援の品物)と時代の先端を行ってます(笑)。
こういう形に問題はないとは言えませんが(問題ないものってないですよね、そもそも)お買い物から意識を変えていこう、世界を変えていこうという取り組みに少しでも貢献できたらと思っています。

かねてよりこちらのほうに自分の行き先をシフトしたかったので、念願かなってうれしいです。

業務的には2日しかたっていませんが、パソコンとにらめっこ。今まで日本語教育業界に10年ほどいたので別の世界が広がっていて新鮮です。

今月は毎週勝負事が入っているのですが、先週は仕事が始まり、落ち着く間もなく来週末にはさらに大きな勝負事がもう一本。仕事も勝負事も頑張ります。

最後になりましたが、手紙を書いてくれた生徒たち、お送りくださった後任の先生にKommol tata!

by jpt-in-marshall | 2014-10-19 18:36 | 帰国後の話
<< 協力隊員として赴く前に読んでお... コインランドリーの思い出 >>