Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マジュロ生活を楽しむためのヒント集10

e0248833_11402082.jpg

①なるべく現地人と同じような服装をする
→毎日同じとは言わぬまでも日本の服装のままでいると、外でランドリーをしていて、待ち時間にその場を離れようものならいい服を盗まれることも。私は比較的現地人っぽい服装をしていることが多いのと、ランドリーの時は日本ぽい洋服は隠すようにしているので待ち時間に買い物に出ようが、幸い今まで一度も盗まれたことはありません。でもやはり、私が洗濯機に洋服を入れてると、その場にいるマーシャル人の視線を感じます。まあ、心配ならすべて終わるまで待っていろよ、という話なのですが洗濯機と乾燥機両方やってると2時間近くかかるので待っていられないのです。買い物に出たくなるものなのです。それからこちらの水はあまり良質ではないので、お気に入りの服は持ってこないほうがいいかもしれませんね。

②現地人の口癖「わたしは覚えられないの!」にいちいち腹を立てないこと。
→こちらの方々は、どちらかというと忘れっぽい人が多いです。いろいろな方々の言葉を借りるならば「ノートをとったり、スケジュール帳に書き残さないから頭の中でごちゃごちゃになってしまって、結果あっさり忘れる」のだそう。でも耳から入ること(音楽や歌詞)はすぐ覚えるからすごいんだな。まあ、現地の方々と約束事をしたり、生徒にものを教えていてすぐ忘れられるのは日常茶飯事。ついこの間も生徒に逆切れされました。
それはテストのとき。スピーキングテストの練習をしていて
生徒:先生、これおぼえるの?
わたし:もちろん、すでに一度やってるものだしね。
生徒:わたしは記憶力が悪いの!おぼえられません!おぼえるってことができないんです!
わたし:だから何度も練習するんでしょ。ちゃんと練習もしてないのに「できない」とかいわないの!

もちろん、生徒によっては覚えることが本当に苦手だというのもあると思います。ただ、やりもしないでできない、とは言ってほしくない。私の最後の切り札は…
「でもあなた、自分の名前と誕生日はちゃんと覚えてるんでしょ?ってことは記憶できるってことだよ。あきらめてはいけない。なんどもなんども練習すればおぼえられるからね。」
e0248833_11433225.jpg

③ポトラックパーティーに参加するべし
マジュロにはまあそれなりにレストランがあります。とはいえせいぜいアメリカン、中華、そしてローカルフードと選択肢は非常に限られています。食生活を充実させたければポトラック(持ち込み)パーティーに参加されるのが一番でしょう。日本食、中華や韓国、フィリピンといったアジアンから手作りピザまで、輝かしいラインアップがテーブルの上に集合するのです。どのコミュニティーのポトラックに参加するかにもよりますが、パーティーメンバーに料理上手がいれば、もういうことなし。私もマジュロ滞在中に日本人はもちろん、マーシャル人、アメリカ人、台湾人たちのポトラックに参加してその恩恵にあずかってきました。中でもやっぱり日本人のパーティーはいつでも最高ですね。
e0248833_11453222.jpg

④上質なウインドブレーカー(上下セット)を用意しよう
→マジュロに雨が降る。生活用水の殆どが雨水なので、これはありがたいことです。しかし、その雨は突如としてやってくる。澄み渡る青空が広がっていたはずなのに、突如雲が空を覆い始め、風が変わる。すると無防備な歩行者に容赦ない水攻めが襲ってくるのです。こちらの雨はしとしと静かに降るタイプより、日本でいう「ゲリラ豪雨」的な雨のほうが多いので、何の用意もなく外を歩いていてこういう雨に出くわすと立ち往生してしまうのです。幸いこの手の雨は数分~数十分後には止むのですが・・・
私の赴任先は高校の建物とプリンターやコピー機などがあるオフィス棟とが離れていて、しかも屋根がないので移動するとき雨が降ってると困ってしまいます。みんな濡れても気にしないようですが、私は濡れて風邪ひくのが嫌なのでウィンドブレーカーを着ることにしています。上下ともに別々のガレージセールでゲットしたもの。重宝しています。ちなみにうちの校長先生はご自慢のポンチョをご愛用。これからマーシャルにいらっしゃる方は、できたらアウトドアメーカーの上質なウインドブレーカー上下セットを日本で購入して持参されるのをお勧めいたします。
ちょっと買い物行きたいときなどにも重宝します。

⑤お気に入りの子供を発見するべし
いくら自分の意思できたとはいえ、一生懸命活動していたら腹が立つことや悲しくなることだってあります。いい時もあれば、悪い時もある。これぞ人生。セ・ラ・ヴィ~。
そんなささくれ立ってしまった自分の心を癒してくれるのが、この人。
e0248833_114867.jpg

チャブラーシカ@マジュロ。

彼に会えただけで、ほっぺにチューしてもらっただけで心は極楽へ。人生はバラ色!
ストレスマネージメントとしても、かわいい子供は不可欠。お気に入りの子供を見つけて仲良しになってみよう。子供なら現地語じゃないと意思疎通ができないので、マーシャル語の練習にもなります。
・・・が、私のお気に入りのこの子はまだしゃべれません。

⑥キャンディーをたくさん持っていって、子供に投げよう
って、別に暴力的な話をしているわけではありません。こちらではパーティーなどのクライマックスに大人が子供に向かってキャンディーを投げるのです。すると子供たちは一目散にキャンディー争奪戦を繰り広げるという。一度はこのキャンディー投げを経験していただきたいものです。
e0248833_1149862.jpg

⑦常にプランBを考えておくべし
思うとおりに行かないマーシャル。というか人様の国で自分の思い通りになんでもことを進めようとするのも、もしかしたらおかしな話なのかもしれません。…っっていったって、きれいごとばかり言ってられません。こちらで一生懸命やろうとすればするほど、マーシャルのスローなところがあだとなり、ストレスのもととなることがしばしば。しかも直前にいろいろなことが決まって実行されたりするので、こちらが振り回されてしまうのです。では、どうしたらいいのでしょう?何事においても「プランB」(代替案)を考えておくことが大事です。たとえば、何かしら大きなイベントの準備で誰それに会う予定がある。で、もちろんその時間はアポに割かなければならない。それでも当たり前のようにドタキャンは発生するし、会いに行ったら本人がいない、なんてこともしばしば。その場合は、外に出たついでということで、買い物やら、銀行の用事やら、ほかの人に会いに行ってイベントの準備のために何か駒を進めるのです。つまりそのためには、出かける際に、別のものも用意しておくということ。そうすれば本来の目的は果たせなくても、何らかのことができるわけですから、無駄足ではなくなりますよね?あとは、「あ、またか。っち、しゃーねーなー」とあきらめることも大事。いらいらするだけ損です。
e0248833_11503018.jpg

⑧巣ごもりグッズもお忘れなく
人によってマーシャルでの過ごし方はそれぞれでしょう。仕事が終わったら自宅に引きこもって、ひたすら趣味の世界に没頭する人もいれば、ひたすら睡眠世界への旅を楽しむ人もいる。または社交性を発揮する人もいることでしょう。いずれにせよ、娯楽が少ないマーシャル(首都のマジュロも)なので、自宅で過ごす時間を充実したものにすることが大事なのです。趣味の道具を持ち込む、本やDVDをある程度持ち込む。語学や資格試験のための勉強道具を持ち込む。自宅でできるエクササイズグッズを持ち込む。いろいろあるでしょう。スーパーが2件あるとはいえ、こちらではこういったものがそう簡単には手に入りません。欲しかったら、アメリカAmazonでショッピング、という手もありますが、全部が全部シッピングしてくれるわけではないし、郵送費もかかります。大荷物にする必要はありませんが、自分にとって何が大事なのかを見極めて、必要なものはある程度日本から持ってきたほうがよいと思います。
e0248833_11513077.jpg

⑨停電対策におしゃれキャンドルなぞいかが?
こちらに来て、キャンドルに火をともすようになりました。日本にいた頃もキャンドルは好きでしたが、狭くて物が多い部屋だったので、火事の心配がありお風呂でちょこっとともす程度でした。しかし、ここでは物が多いわけでもないので、キャンドル生活を楽しめます。いや、もとい、予期せぬ停電がよくあるため、キャンドルは欠かせないのです。もちろんこちらでもアメリカの香りつきのキャンドルなんかも売っています。でも、もしあなたがキャンドルにこだわりがあって、グラデーションキャンドルが好き、だとか、人工的な香料のアメリカ製キャンドルではなく、フランスの何とかいうブランドのアロマキャンドルでなきゃいやだ、とか、ドライフラワーを練りこんだっ雑貨風キャンドルにロマンを感じるタイプであるならば、断然日本で買って持ち込まれることをお勧めします。やっぱりなれない外国暮らし、こういうささやかなものが自分を癒してくれるのですから。
e0248833_11532729.jpg

⑩美と健康のためにサプリは欠かせないなり
→何はともあれ、やはりここで忘れてはいけないのは、健康。何をするにも体あってのもの。日本にいる時以上にボディメンテナンスには気を配りましょう。以前も記事に書きましたが、必要な薬はある程度日本から持参してください。それから野菜が手に入るようになったとはいえ、栄養価はすでに低下しているので、サプリメントが必要になってきます。こちらでもアメリカのサプリがスーパーで売られていますが、日本からD○Cとかお手頃価格のをまとめ買いして持ってきたほうが経済的なような気もします。私はこちらへ来てから日本にいる両親に頼んでマルチビタミンとマルチミネラルを大量に送ってもらいました。また、葉物野菜が少ないということがわかっていたので、青汁も大量に持参していたのですが、これは大正解でしたね。ほかに、私はハーブティーや漢方生薬を飲むようにしています。あとはご自身にあった健康法、美容法、ストレスマネージメントでマーシャルで美的なヘルシーライフを送りましょう!
マーシャルで充実した日々を送るためにも、また日本で待っていてくれるあなたの大切な人たちのためにも、健康には気を配っていただきたいものです。

by jpt-in-Marshall | 2014-05-01 11:55 | マーシャル徒然
<< Jazzyな朝 スピーチコンテスト#10 >>