人気ブログランキング |

Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フィジー独立記念パーティー

e0248833_1464364.jpg


マーシャルに来て、フィジー人とのご縁がありました。
【マーシャルに来て】って書いたけど、実を言うと来る前からと言ったほうが正しいかな。
ホノルル発の藍蘭ホッパーに登場しようと登場通路で並んでいたら目の前にいた背の高いPacific Islanderの紳士が突如「写真を撮ってください」と相方にお願いしたのです。
それがきっかけでお話をし、しかも座席もとなりで降りる場所もマジュロ。
聞けばフィジーにある大洋州随一の大学、USP(University of South Pacific)の先生で、エクステンションがあるマジュロに夏期講習のために訪れるとのことでした。

お名前はドナさん。

ドナさんとは今でも交流が続いています。


そして赴任してからも、フィジー人の先生と会う機会がたくさんありました。
今私が教えているCO-OPには3名のフィジー人の先生が教えています。
ほかにもマーシャルでは数多くのフィジー人の先生が働いています。
この間もタクシー(乗合バスのようなもの)に乗ったら、フィジー人の女性2人と乗り合わせ、にわかにおしゃべりに花が咲きました。

さて、そんな私のFijian luckの最高潮?とも言える出来事が、この週末にありました。

先週の10日はフィジーの独立記念日。10日は平日だったので、その週の土曜の夜に独立記念パーティーが催されたのです。「皆さんぜひ来てくださいね」というオープンなご招待に行く気満々になった私。こちらで仕立てたアイランドスタイルのワンピースに身を包み、言ってきましたよ!
e0248833_1482880.jpg

7時開始、ということでしたが、んなわけはあるまいと7:30頃行きましたが、やはりまだ始まらないようす。皆さん腕を振るってフィジーのお料理を作っていたということもあり、パーティーは約1時間遅れでスタート。フィジーの伝統的な集会スタイルのお祈りやすピーチ、そして忘れちゃいけないFijian Foods。挙げ句の果てにはノリノリでダンスの群れにも乱入させていただきました。

パーティーでは、同僚以外にもほかの学校で教えている先生たちと知り合いになれたし、何より冒頭のドナ先生にもまたまた再会できて、とっても嬉しかったです。
カヴァもいただきました。
e0248833_1494146.jpg

この夜のフィジー人はみんな胸を張っていて、フィジアンとしての誇りを喜びとともに表現しているんだな、という印象を受けました。

来年の夏休みには任国外旅行でフィジーに行きたいな。

by jpt-in-Marshall | 2012-10-18 14:09 | マーシャル徒然
<< 3ヶ月目の覚書 風呂敷をデザインしてみました >>