Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

学習者の自主学習 ≪KTCの自主講座①≫

いよいよ明日出発です。今度こそ飛行機が飛んでほしいものです。

今度はグアム経由ではなく、ハワイ経由&1泊というおまけつき。
しかも宿泊先はアラモアナショッピングセンターに隣接するいいホテルのようです。

とまあ前日のゆったりした時間、今度こそ最後の自宅での時間。
はっきり言って暇です。
というわけで、KTCでの日本語教師自主講座のさいのまとめをしようかな、と。

私が担当した評価法と学習者の自主学習についての整理をしたいと思います。

((プレタスク))
「外国語を学んだとき、どのような自主学習を行ったか」

・ラジオを聴く
・字幕なしで映像を見る+聴く
・学習言語で単語帳を作成し、何度も復習
・俳優などのロールモデルを見つけ、真似をする
・ネットで動画を見て対象言語が話されている環境を疑似体験する
・シャドウイング
・趣味を対象言語で行う
・友達作り

「途上国の日本語学習者は自主学習としてどんなことができるだろうか?」

音読~ぐるぐるメソッド
     (学習者が円になって、それぞれのパートを音読。教師が中心に立ち、一人一人チェックしていく)
日記を書く
自分の目標や到達度を記録
辞書作り
Book Exchange
ライティングマラソン
Facebookに投稿(あらかじめグループを作成しておく)

プレゼン時には以上のような意見が出ました。

やはり語彙、音読そしてITを使ったものが出てきましたね。
赴任先でも自主学習を促進したいと思っています。
なぜかというと、「ドロップアウトを作らない」評価法を私自身が目指しているからです。
そのあたりの評価法に関しては、また次回。

by jpt-in-Marshall | 2012-07-02 15:42 | 日本語教育@マーシャル
<< Marshalls上陸 大きな忘れ物 【ただいま日本足... >>