Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本人の意外な過去

訓練最終日に受けたレクチャーは、外務省の方からの講話だったのですが、
この方がとても協力隊を愛してくださっている方でして、その愛がものすごく伝わってくるお話でした。

その際に配布された資料に、日本人の意外な過去が!?

東京大学の武田晴人先生というによる「日本人の‘働き方’の特徴とは?」という文章で(クロスロード平成23年6月号掲載)

「1883年に横浜で刊行された英字新聞では、外国人記者によって日本人の姿が次のように伝えられています。
『怠惰で享楽を好むこの国の人々の性癖は、文明への進歩を妨げている。日本人は幸せな人種である。わずかなことで満足し、決して多くを成し遂げようとはしない』」

あれれ?なんかどこかで聞いたことがあるような。

日本人が国際協力とかビジネスとかで途上国に赴いた際に、彼らを批判していう言葉ではないですか。

それが日本人よ、私たちも明治のご一新の辺りでは、外国人にそんな風に思われていたんですよ(笑)

今や世界に知られる日本人の「勤勉」というのは後天的なものだったかもしれないのです。
そんなわけはない?
ここは大きな研究ネタになりそうですね(私はやらないけれど笑)

この文を読んで私が学んだことは2つ。

①自分が途上国に行っても、上の新聞記者のような言葉は言わないこと。ていうか言う気にはならないよね。
 現地には現地の基準があるんだもの。

②日本人もこれだけ経済が崩壊してるんだから、昔と同じとは言わないまでもスローライフにシフトしてもいいのかもね。

スローライフ100のキーワード

辻 信一 / 弘文堂



↑これもKTCで読んだ本。
辻信一さんを知っている人に結構出会えました!

by jpt-in-Marshall | 2012-06-16 17:25 | 派遣前訓練@駒ケ根
<< 私流タイムマネジメント術 マザーテレサ >>