Marshallsに日本語があるかぎり


2012~14青年海外協力隊員としてMarshall Islandsで日本語を教えていました。マーシャルのあれこれ、日本語教育事情などいろいろ綴っています。
by jpt-in-Marshall
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マーシャルで桃太郎

♪も~も たろ~さん、ももたろ~さん、
お腰に つけた~、きびだんご~、ひとつ~、わたしに くださいな~♪

で日本人にはおなじみの『桃太郎』ですが、わたくしただいまこの『桃太郎』を教材にするべく、準備をしております。

え?なんで、桃太郎なの?

相手は高校生でしょ???


と思われるでしょう。


反対に「あ、な~るほどね!」と思われたそこのあなた、かなりのマーシャル通ですね^^


桃太郎はマーシャルではとてもなじみのある名前なんです。

今「名前」と書きました。

はい、あくまで「名前」としてです。
「昔話」としてではありません。


マーシャルは1914年から45年までの約30年間日本の統治下に置かれていました。

その際に行われた「日本化」の影響もあってか、現在でも日本語が単語レベルでいくつか残っています。

おそらく「桃太郎」もその際にマーシャルに入ってきたのでしょう。

なんと、マーシャルには「モモタロウさん」というお名前が存在するのです。
ただし、今では「桃太郎」の本当の意味、昔話を知る人は少ないといいます。

そんな歴史的背景もあり、前任の方から
「桃太郎を日本文化の紹介として扱うと面白いでしょう」というアドバイスをいただいたので、
ヒャクゴウ、ただいま活動教材としていろいろ工夫しているところです。

どんな活動にするかって?

それは現地入りしてからの、お楽しみ~♪

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

まつい ただし / 福音館書店



by jpt-in-Marshall | 2012-03-22 12:08 | 日本語教育@マーシャル
<< 7年で得た宝 ‘幸せの経済学’を観て >>